英語学習論の記事 (1/35)

2年半以内に英検1級合格を目指す


澤田塾では、TOEICで800点(人によっては、700点や900点)を取った一部の受講生のために、
実用英語コースを開講しているのですが、
これまで目標が曖昧だったため、今タームからは、
「2年半以内に英検1級合格を目指す」という共通目標を立てることにしました。


受講生の誰もが、
英検1級に合格することに意気込んでいるわけではありませんが(少なくとも現時点では)、
具体的な目標がない場合と比べると、
「もっと頑張らなきゃ」という焦りやモチベーションを駆り立て、
より英語力を高めやすい状況に持っていけるのではないかと考えています。



なぜ英検1級なのか?

なぜ英検1級合格を目指してもらうことにしたかと言うと、
元塾生の一人が、澤田塾で提唱している取り組みを愚直に実行し続け、
最近、1級に合格したという事実が一つの引き金になったことは否めませんw



「Yくんができるんだったら、みんなだってできるでしょ」
If Mr. Y can do it, you can do it too.
という、極めて単純なロジックです笑


また、800点を取得された受講生の多くが次のレベルに到達する上で、
英検1級を目指すことは、理にかなっていると判断しました。


TOEICで800点というのは、
現代英語を十分に理解する上では、明らかに語彙力や読解力などが足りません。
(参考記事: 英検の意義とTOEICとの関係)


900点を取ったところで、相変わらず「ボキャ貧」のままなので、
TOEICでより高いスコアを取ることは、あまり良い目標にはなりません。


「まずは準1級からでよいのでは?」という意見もあったのですが、
受講生の半数以上は、すでに英検準1級を持っている(or余裕で取れる実力がある)ので、
準1級はすっ飛ばして、1級を目指してもらうことにしました。


英検1級に合格することによるメリットよりも、
英語学習の幅を広げる良いきっかけ、
英語力を上げるための手段として活用することにこそ、
より大きな意義があると考えています。


英検1級の1次試験では、高度な語彙力や読解力が求められるため、
一段上のリーディング力を身に付けなければ、まったく歯が立ちません。


対策としては、英字新聞や雑誌、洋書など、
ネイティブがネイティブのために書いた読み物に慣れ親しむことが重要です。


また、TOEICよりも断然難しく、バラエティー豊かなリスニング問題が出題されることも、
英語学習の指針として、プラスに働きます。


洋画やドラマ、ニュース、スピーチ、インタビュー、
実践ビジネス英語のようなラジオ講座など、
全ての素材を使ったトレーニングがそのまま良い対策になるからです。


これらのことは、TOEIC対策にも有効なのですが、
英検1級を目指している人の方が、より直接的にメリットを実感できるはずです。


さらに、ライティングや二次試験のスピーチ対策などで、
「英語で自分の意見を述べる」ということに本格的に挑戦することになるので、
英語の使い手として飛躍するための良いトリガーになるのではないと考えています。



本当に1級に合格できるのか?

TOEC800点台くらいの人が、本当に英検1級に合格できるのか?
というのは、大いに疑問に感じるところだろうと思います。


通常は、準1級合格後(≒TOEIC800点)、相当頑張っても、
1級合格には5年くらいかかるものだと言われています。

しかも、それでも「成功例」に入ります。

5年、10年英語学習を続けていても、
英検1級レベルに到達しないという人は、実は大勢います。


時間をたっぷり使える大学生が英語に目覚めた場合には、
2年くらいで達成されることもありますが(僕自身がそうでした)、
時間がない忙しい社会人の方が、国内での勉強のみで、
このような「短期間」で1級レベルまで一気に英語力を伸ばすというケースは非常に稀です。


ですので、普通に考えると、
実用英語コースの受講生が2年半以内に英検1級に合格できる可能性というのは、
実は、あまり高くありません。

12名中、2、3名でも合格することができれば、かなりよい方です。


また、これから2年半の間、
受講生全員が澤田塾にずっと通い続けてくれる保証もありませんw


ただ、僕としては、
もっと多くの受講生を合格へと導けるんじゃないか、
奇跡を起こせるんじゃないかw、と信じているんです。


しかし、たとえ合格に至らなくても、合格に近づいていければ、
英検1級を目指すことで、飛躍的な英語力の向上につなげることができれば、
それは、それでよいのかもしれません。
(いや、やっぱり奇跡を起こしたいw


そのためには、僕自身が指導を頑張るだけでなく、
受講生一人ひとりの意識が変わっていかなければ、
難しいということも痛いほど感じていますw



「撃沈受験」がはじめの一歩

今回、来たる6/3(日)に英検1級を受験される生徒さんが6名います。(うち4名は初受験)
(まずは準1級からという慎重な方も1名ほどw)


1級を初受験する生徒さんたちは、
リスニングを除き、おそらくまったく歯が立たないだろうと思いますw


でも、まずは「撃沈受験」を経験されることが、
目標達成への第一歩になると僕は確信しています。


「英語力が全然足りない」ということを肌で感じることで、
各自の意識が変わらなければ、目の色が変わらなければ、
2年半以内に合格することは、まずないでしょう。


意識の変化とともに、行動や習慣が変わらなければ、
必要な英語力が身に付くこともないでしょう。


結局、本人の内から湧き出てくる熱意や意気込みが大事で、
僕の指導だけでは限界があるからです。


しかし、今回の撃沈受験によって、良い化学反応が生まれれば、
奇跡を起こせる可能性は十分にあると思っています。



なぜ2年半以内なのか?

この理由には、不確定要素が絡むため、
現時点では100%の確信を持って言えることではないのですが、
実は、2年半後の2020年11月頃に、一旦、澤田塾をたたむことになるかもしれないからです。
(ならない可能性もありますが)


それまでに、特に長い間ずっと指導させていただいている「長期継続生」に対しては、
圧倒的な結果を出していただくことで、恩返し(?)をしたいみたいな想いがあります。


最後に、澤田塾の指導の集大成として、
目に見えた形で、何かレガシーを残せないかと本気で考えています。


何も無理して、そのような奇跡を起こそうとしなくてもよいのかもしれませんが、
これから2年半は、今まで以上に指導を精いっぱい頑張って、
最後は燃え尽きて終わりたい、という気持ちですw


ですので、今後2年半の間に、
受講生には、1級をなるべく毎回受験してもらうことを推奨しています。

2020年11月までには、
今回も含めて、受験チャンスはあと8回しかありません。

2018年 6月 10月 
2019年 1月 6月 10月   
2020年 1月 6月 10月  


ちなみに、2年半というのは、30ヶ月です。

澤田塾の1タームが約3ヶ月だと考えると、
30ヶ月というのは、10タームなのですが、
今ターム終了後には、もう残り9タームしかありません。


Our time is limited.
という心境です。。。


毎ターム、いや、毎週、いや、毎日のように、英語力を上げていかなければ、
2年半という「短期間」で英検1級レベルに到達するのは、ほぼ不可能なので、
達成期限を常に意識しておくことが大切です。


このように、目標にタイムリミットを設定することにより、
危機感や焦燥感、緊張感を維持しやすくなるため、
一気に英語力を伸ばす起爆剤になってくれることを期待しています。


今後、受講生全員が英検1級レベルの英語力を現実的に身に付けられるように、
一層、指導内容を充実させていこうと思っています。


はたして、奇跡を起こせるのか。


スポンサーサイト