fc2ブログ

スクールの記事 (1/31)

年末特別授業『TOEICリスニング』の指導者枠のご案内


年末の一時帰国時に、澤田塾の以前の教室 (@渋谷) にて、
12/23(土)~30(土)の8日間連続で対面授業を行うことになりましたので、ご案内いたします。



現受講生に対する英検1級対策授業などに加えて、
以下の日時に全3回にわたって、TOEICリスニング対策講座も実施します。

12/24(日) 10:15-13:30
12/26(火) 17:30-20:45
12/29(金) 10:15-13:30


すでに現受講生と一部の元受講生だけで十分な参加者がいるため、
今回は一般募集はしないのですが、指導者枠を3席だけ設けることにしました。
(なぜ指導者/同業者に案内するのかは、後ほど説明)

定員: 各回10名 (指導者枠3席を含む) ←指導者枠は満席となりました

受講料: 各回6,000円
(全3回とも参加される場合は、5,000円×3回=15,000円に割引)


【使用するテキスト】

最新のTOEIC公式問題集10のTest 1を使用する予定です。
(Test 2に変更する可能性アリ)



過去に問題を解いたことがあっても問題ありませんが、
まだの場合は、解かないでおいてください。


【指導内容】

語彙対策

毎回オリジナルのTOEICフレーズのプリント集『澤フレ』を使用し、授業の冒頭で日⇒英での口頭チェックテストを行います。
(次男誕生後、子育てに時間を取られるようになるまでは、出版する計画も立てていたほどのクオリティの高さです)

ほとんどのスクールでは、自力ではなかなか続かず、挫折しがちな単語暗記を生徒さん任せにしていますが、澤田塾では、着実に覚えられる仕組みを用意し、受講生の語彙力を責任を持って上げます。

*語彙力強化には、澤田塾立ち上げ当初は「金のフレーズ」(金フレ)を使用していましたが、
『澤フレ』の方がより効率的に覚えられるため、以降はずっと毎回プリントを配布して、次回のレッスンまでの課題にしています。


Part 1 & 2対策

問題演習をした後に、まずは、各英文 (Part 1は正解の文のみ/Part 2は質問と正解の応答)をListen & Repeatできるか実力測定テストを行い、実質的にどれくらい英語を聞き取れているかチェックします。

さらに英文をRead & Look upで覚え込んだ上で、再度 Listen & Repeatをします。
Part 2に関しては、会話のロールプレイのような形で、質問の文を聞いたら、その応答が言えるようにする練習も行います。

トレーニングの合間に、適宜、発音のポイントや重要表現に関する解説もします。

課題として、授業で解いたPart 1と2の英文のListen & Repeatを完璧に仕上げてきていただき、
次回の授業の最初 (問題を解く前) に再度チェックします。
これを繰り返すことで、着実に実質的なリスニング力が向上していきます。


Part 3 & 4対策

Part 3 & 4の正しい解き方について確認するとともに (←実は解き方矯正は肝です)、
毎回1つのPart 4のトークを暗唱できるように、徹底的にトレーニングしてもらいます。

意味のチャンクごとにスラッシュを引いた英文と和訳を使用するとともに、
3種類の音声 (シャドーイング・オーバーラッピング用、スラッシュごとリピート用、センテンスごとリピート用) を使って、
各種トレーニングを行い、授業後に音声をお送りいたします。

前回の授業で導入した暗唱を極めてきていただき、次回の授業で暗唱を披露していただくのが課題になります。
(このPart 4の暗唱が澤田塾のTOEIC指導の最大の特徴にして、『青春』でもあります)

トレーニングの合間に、適宜、発音のポイントや重要表現に関する解説もします。

Part 3のダイアローグと暗唱範囲以外のPart 4については、ナレーターと同じスピードで音読でき、音声をシャドーイングできるようになることを目指します。


【なぜ指導者/同業者に案内するのか?】



こちらの投稿でも触れたように、大きな理由としては、
直接指導する受講生以外にも、多くの学習者に良い影響を与えられるようなカタチを作っていくことを新たな目標にしていきたいという気持ちがあって、

僕が以前に実践して、想像以上に成功した、独自のTOEIC指導法を同士の他の先生にも共有することで、
同じような想いや信念でTOEICを教える先生を増やしていくような活動をすることが、次のステージで自分がすべきことであると感じているからです。
(以前と同じような成功をまた一人で再現することには、面白みや意義、ワクワク感を感じないので)

ですので、僕のTOEIC哲学に共感いただける先生だけを募集したいと思っています。
こちらの記事で詳述している内容に共鳴する点が多いかどうか、事前にご確認ください。

英語習得を目指すTOEIC対策とは?

*授業内で英語を話してもらうことは、1タームだけ実験して辞め (流石に無理があった)、
任意参加のイベントや追加授業でのみ行うことにしました。

今回の講座で使用するプリント、音声ともに、
二次利用いただけます=ご自身のTOEICレッスンでもご活用いただけます。
(希望者には、PDFプリントの元データをお送りすることも可能)



【場所】

教室は渋谷駅から徒歩3分のシェアオフィスのセミナールームになります。

map.jpg

渋谷ヒカリエがある側の出口です。
お申込をいただいた方には、住所をお知らせいたします。

【お問い合わせ・お申込み】


講座に関するご質問やお申込みは、下記のEメールアドレスまでお願いいたします。

toeicteacherkenjisawada@gmail.com

澤田塾 澤田健治
スポンサーサイト