2012年12月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何問ミスで何点出るのか?(4)TOEIC940点

11月(第175回)の試験結果が返ってきましたので、ご報告します。

今回はリスニングセクションで合計3問間違えてみることにしました。
内訳は以下の通りです。

パート1 10/10(0問ミス)
パート2 28/30(2問ミス)
パート3 30/30(0問ミス)
パート4 29/30(1問ミス)

合計 97/100(3問ミス)で、480点でした。

前回は5問ミスで480点だったのですが、今回は3問ミスにとどめたものの、パート2で2問ミスにしたことによって、点数が伸びなかったのかもしれません。
次回の1月の試験では、同じ3問ミスでも、パート3で1問、パート4で2問落とした場合に何点になるのか見てみたいと思います。(3問ミスで満点くらい出てもよいと思うので)

リーディングでは、6問落としてみました。

パート5 38/40(2問ミス)
パート6 11/12(1問ミス)
パート7 45/48(3問ミス)

合計 94/100(6問ミス)で、460点でした。(トータル940点

前回10問間違えたときには、410点と、伸び悩みましたが、今回はそれよりも4問しか多く正解していないのにもかかわらず、50点もアップしたのには驚きでした。

もしかすると、パート7での高得点が大きく影響したのかもしれません。
シングルで2問、ダブルで1問ずつのミスにしましたが、この回は特にパート7が難しかったようなので、その分だけ周りの受験者と差がついたのかもしれません。

「リーディングで高得点を取るためには、ほとんど落とせない」というのが、前回の結果から感じた印象でしたが、今回の結果からすると、5~6問くらい落としても、450点以上取れるということなのかもしれません。(もちろん受けた回によると思いますが)

900点越えを狙う人にとっては、リーディングで450点以上取るというのが一つの目標になると思いますので、その再現性を検証するためにも、1月の試験でも、もう一度同じような間違え方をしてみようかと思います。


この記事がちょっとでも役に立ったと思った方は、
クリック(↓)をお願いします。


TOEIC ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。