何問ミスで何点出るのか?(7)TOEIC885点

4月(第179回)の試験結果が返ってきましたので、ご報告します。

179回スコア

今回はリスニングセクションで合計3問間違えてみることにしました。
内訳は以下の通りです。

パート1 10/10(0問ミス)
パート2 30/30(0問ミス)
パート3 29/30(1問ミス)
パート4 28/30(2問ミス)

合計 97/100(3問ミス)で、490点でした。

3問ミスでは、495点(満点)が出た回もあれば、480点だった回もありましたので、どちらかと言えば、満点が出る可能性の方が低いようです。

次回のTOEICでは、2問間違えなら満点が出るのか検証してみます。


リーディングでは、パート5だけ16問落としてみました。

パート5 24/40(16問ミス)
パート6 12/12(0問ミス)
パート7 48/48(0問ミス)

合計 84/100(16問ミス)で、395点でした。(合計885点

今回は、パート5の後半を捨て(全てCにマーク)、それ以外は全問正解することにしました。
特に初級者がダブルパッセージを解く時間を確保するために、「パート5の後半20問を捨てる」という戦略をとると、何点マイナスになるかを検証するのが、この実験の目的でした。

結果的にCが正解だった設問は4つしかなかったため(Dが6つ、他5つずつ)、後半20問の正答数は4/20となってしまいました。
この16問を落としたことにより100点失点したことになりますが、これはパート5の16問ミスがマイナス100点になるというより、この84問という素点に対して、今回は395点になるということを意味していると分析しています。

ただ、パート後半の20問を全て同一のアルファベットにすると、必ず100点失点するというわけではなく、マイナス100点が最大値ということです。というのも、今回はCが正解になっている問題が4題と一番少なかったからです。
(本来は、4択なので、5問正解になる可能性が一番高い)

次回のTOEICでは、同じ16問ミスでも、ダブルパッセージの20問を捨てる(今回同様に16問ミスする)と、何点失点するのかを検証してみたいと思います。

パート5の後半を捨てるよりもダブルパッセージを捨てた方が高い点数が出てしまうのか(←これは困る)、それとも、どこのパートで16問落とそうが、素点で84問は395点くらいなのか。

ぜひ結果報告を楽しみにしていてください。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
↓お手数でなければ、クリックをお願いします。


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

TOEIC点数について
いつも楽しくブログ読ませて頂いてます。
このTOEIC何問ミスで何点になるかについてですが、テストの実施回による差をなくすために、生徒さんか誰かでTOEIC満点取れる方に協力してもらって同時に受験した成績で比較してpart5とpart7の20問ならどっちを捨てたほうが点数高いかわかれば、澤田さんの理論をより正確に検証出来ますね。
僕が満点取る実力あれば協力したいところですが、まだ200点ほど足りないですm(._.)m
Re: TOEIC点数について
かもおさん

コメントありがとうございます。

確かに、テストの実施回による誤差をなくすためには、別の満点取れる人に別のパートで16問落としてもらうしかないですね^^

満点ホルダーの大半は、毎回満点を取ることに重きを置いているようなので、協力してくれる人はいなそうですけど。

TOEICの点数は、パートに関係なく、素点で算出するみたいなので、今回ダブルパッセージで16問落としてみて、395~405点くらいであれば、84問の正解でそれくらいの点数になるという結論が出るかと思います。

でも、同じ回に別のパートで同じ問題数を間違えるとどうなるのかというのは、出来れば実験してみたいですけどね^^


> いつも楽しくブログ読ませて頂いてます。
> このTOEIC何問ミスで何点になるかについてですが、テストの実施回による差をなくすために、生徒さんか誰かでTOEIC満点取れる方に協力してもらって同時に受験した成績で比較してpart5とpart7の20問ならどっちを捨てたほうが点数高いかわかれば、澤田さんの理論をより正確に検証出来ますね。
> 僕が満点取る実力あれば協力したいところですが、まだ200点ほど足りないですm(._.)m
No title
初めまして、以前から参考にさせて頂いております。とてもためになる記事ありがとうございます。

ちょっとショックですが19問ミスでも900には全然届かないんですね。20問弱くらいまでにミスを抑えれば900届くのかと思ってました…ガーン。リーディングとリスニング合わせて10問前後ミス位でないと900は超えないんでしょうか。
Re: No title
はじめまして。

質問に回答させていただきます。

900点を目指すにあたって、リスニングとリーディングを合わせて何問まで間違えてもよいというより、リスニングの出来次第で、リーディングで落とせる問題数が決まるという感じでしょうか。

例えば、リスニングで3問くらいしか落とさなければ、480~495点取れるわけですから、リーディングでは、405~420とればよいことになります。そのためにリーディングで求められる素点は、85~90問くらいだと思います。

つまり、リスニングで満点近く取れる人は、リーディングで10~15問くらい間違えても900点取れるということです。

逆に、リーディングで6~7問くらいしか落とさなければ、450~460点くらいとれるので、リスニングでは440~450点とればよいことになります。

すると、リスニングでは素点で90問取れれば450点くらいになるので、10問くらい間違えてもよいことになります。

あまりこのような計算をしたことはなかったんですが、900点ちょうどくらいであれば、だいたい合計15~17問ミスくらいで行くということですね。




> 初めまして、以前から参考にさせて頂いております。とてもためになる記事ありがとうございます。
>
> ちょっとショックですが19問ミスでも900には全然届かないんですね。20問弱くらいまでにミスを抑えれば900届くのかと思ってました…ガーン。リーディングとリスニング合わせて10問前後ミス位でないと900は超えないんでしょうか。
No title
はじめまして^ ^

TOEICの問題で、わざと間違える余裕があるなんて凄いです

一体どうやれば、900点を超えるコトが出来るのでしょうか
Re: No title
コメントありがとうございます。

TOEIC受験は、僕にとっては仕事の一部ですし、わざと間違えるのは情報提供のためです。

でも、全問解き切るのはけっこうギリギリなので、そういう意味では、実はそれほど余裕ないです(笑)

900点取るには、まずリスニングを満点近くまで上げたいです。
キーワードは、「発音矯正」「シャドーイング」「暗唱」です。

リーディングでは全部解き終わるのは当たり前として、まずはパート7を一番得意のパートにしたいですね。そのためには、読む力を上げるために、何をしなきゃいけないのかを真剣に考える必要がると思います。

キーワードは、「語彙」「文法」「音読」「多読」です。

> はじめまして^ ^
>
> TOEICの問題で、わざと間違える余裕があるなんて凄いです
>
> 一体どうやれば、900点を超えるコトが出来るのでしょうか

管理者のみに表示

トラックバック