何問ミスで何点出るのか?(8)TOEIC865点

5月(第180回)の試験結果が返ってきましたので、ご報告します。

180回スコア

今回はリスニングセクションで合計9問間違えてみることにしました。
内訳は以下の通りです。

パート1 10/10(0問ミス)
パート2 27/30(3問ミス)
パート3 27/30(3問ミス)
パート4 27/30(3問ミス)
合計 91/100(9問ミス)で、465点でした。

最初は2問ミスで満点が出るか見てみようかと思っておりましたが、9問ミスという上級者にとって再現性の高い落とし方をすることにしました。パート2、3、4で3問ずつ、計9問も間違えて、465点というのは、800~900点を狙っている人にとっては、励みになる結果ではないでしょうか。

リーディングでは、ダブルパッセージだけで16問落としてみました。

パート5 40/40(0問ミス)
パート6 12/12(0問ミス)
シングル 28/28(0問ミス)
ダブル 4/20(16問ミス) 
合計 84/100(16問ミス)で、400点でした。(合計865点

前回の4月のTOEICでは、パート5の後半20問を捨て(全てCにマークして4問正解)、リーディング全体で16問ミス(84/100)で、395点でした。

今回は、ダブルパッセージの20問を捨て(正解4問だけマーク)、16問ミスした結果、同じ84/100で400点だったというわけです。

395点と400点はほとんど変わらないので、どっちで16問落としても、結果は同じということがわかりました。(やはりTOEICの採点は、単純にミスした問題数なんですね)

これは大発見だと思いませんか?

というのも、ダブルを捨てた場合のマックスが400点なわけですから、残りの80問、つまりパート5、6、シングルで、たっぷり75分使って、70~80パーセントくらい正解すれば300~350点も夢ではないということです。

過去に70/100で、355点という回がありました。

ダブルパッセージを全てCにマークしても、4~5問は正解できるので(確率論的は4択では25パーセントの正解率で、5問正解)、仮に4問正解だったとすると、上記の点数をとるためには、66/80(82%)正解すればよいわけです。

ということは、パート5、6、7で合わせて、14問ミスくらいであれば、350点も取れてしまうわけです。

しかも、ダブルを捨てるということは、本来ダブルにかかるであろう30分近くの試験時間を最初の80問に全てまわせるので、じっくり75分かけて取り組めます。

しかし、僕はこのやり方を初級者で、TOEICを初受験する人、あるいは、いつも全然結果が出なくて(リーディングセクションで100点台)、やる気を喪失しかけている人にしかおススメしません。

というのも、「ダブルパッセージを解かない」というのは、やはり「逃げ」だからです。

そんな方法で、250点から300点にアップして、結局何の意味があるのでしょうか?

ダブルパッセージを本番で解かない人はおそらく練習でも解かないと思いますが、それでは長文を読む練習をする機会を逃してしまうことになりますし、長期的には実力がつきません。

実際、澤田塾では、パート7の対策としてはダブルパッセージしか練習しないので、ダブルを捨てる生徒さんはいません。

ただ、今週のTOEIC(6/23)を受ける生徒さんで、今日から3日間だけ直前対策をして、なんとか結果を出したいという方が1名おり、その生徒さんだけは、今からダブルパッセージの解き方を指導しても間に合わないので、ダブルを捨ててシングルまでの80問を解く練習をしてもらっています。

これまでの最高点も300点台なので、今回400~500点にのせて、自信を付けていただくという意味合いもあります。

さて、みなさんならどうしますか?

80問を75分かけてじっくり解きますか?(逃げますか?)

それとも、100問勝負しますか?


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
↓この記事が役に立ったと思われた方は、クリックをお願いします。


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

同じですね
こんばんは。
先生のわざとミスと自分の全力投球が完璧に同じ点数でした。
ビックリです。
思ったより早く目標に到達してしまいました。
Rなんてあんまり意味を理解してないんですけどね。
でも嬉しいです。
Re: 同じですね
おこめさん

コメントありがとうございます。

目標スコア獲得おめでとうございます!
同じ点数とは奇遇ですね^^

確かに、人にもよりますが、案外800点を取るのは簡単だったりしますよね。

800点というスコアは、英語学習の目標を見失って勢いがなくなる人と、さらに上を目指して努力し続ける人とで別れてくることが段階でもあります。

僕の場合は、700点台の頃よりも逆に英語が出来ないことを強く認識するようになりましたし、900点取った時にはさらに謙虚になったものでしたが(笑)

ぜひこれからも新たな目標に向かって英語学習をエンジョイし続けてくださいね^^


> こんばんは。
> 先生のわざとミスと自分の全力投球が完璧に同じ点数でした。
> ビックリです。
> 思ったより早く目標に到達してしまいました。
> Rなんてあんまり意味を理解してないんですけどね。
> でも嬉しいです。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

トラックバック