原点回帰

~原点回帰~
[Going back to where it all started]

今年22冊目の洋書として、Candid Confessionsを数年ぶりに読み返しました。
For my 22nd English book of the year, I reread “Candid Confessions” for the first time in years.

read_50_books_week22.jpg

この本、表紙がめちゃくちゃ怪しいですよね?
The front cover of this book is extremely suspicious, isn’t it?

まず、「遺骨」と「月事」というこの漢字の組み合わせが奇妙ですし、英語タイトルの最後の文字からは血がしたたっています。
First of all, this combination of kanji, “ikotsu” (ashes) and “getsuji” (period), is weird, and blood is dripping from the last letter of the English title.

本書はいろんな意味で問題作品なのですが、僕の英語人生にとてつもなく大きな影響を与えてくれた作品でもあります。
Despite being a controversial work in many ways, this book also made a tremendous impact on my life as an English learner.

元々は実在のアメリカ人男性が英語講師として日本で過ごした日々を綴った日記だったのですが、それを別のアメリカ人が空港のごみ箱から拾って、勝手に編集、出版したというものです。
It was originally a diary describing the days that a real American man spent in Japan as an English teacher, which was picked up from a garbage can at an airport by another American, who edited and published it without permission.

もし大学3年生の時にこの本と出会っていなかったら、今の自分はなかったかもしれません。
If I had never encountered this book in my junior year of college, I might not be where I am today.

ペンパルサイトを通じて、世界中の人たちと英語でEメールのやり取りをするようになった時期でした。
That’s when I started exchanging e-mails in English with people from all over the world through a pen pal site.

しかも、親指一本で(携帯で)。
With one thumb, too (with my cellphone).

たまたまペンパルの一人が、その日記を本として出版したアメリカ人で、その人の勧めで、その本を買って読んでみたわけです。(僕みたいな他の多くの日本人にも同じことをしていたみたいですが)
One of my pen pals happened to be the American man who published the diary as a book, and because of his recommendation I bought and read it. (Apparently, he was doing the same thing to many other Japanese like me)

この作品の素晴らしいところは、プロのライターによって書かれたものではないので、平均的なアメリカ人が使う平凡な英語が学べるところです。
The great thing about this work is that since it was not written by a professional writer, you can learn ordinary English used by an average American.

実在する人間がかなりプライベートなことについて書いているので、内容が物凄く「リアル」なんです。
Since an actual person writes about pretty private matters, the content is incredibly “real.”

しかも、この日記の主人公が、かなりの女たらしで、ちょっと最低な奴なんですが、そこがまた当時の僕にはすごく斬新でした。
Moreover, the protagonist of this diary is quite a womanizer and something of a scumbag, but that’s what made it so fresh and original to me back then.

僕は常に同書を持ち歩き、読むたびに、感心した表現やセンテンスに下線を引いて、それらを世界中のペンパルに送るEメールの中で使うようにしていました。
I would always carry the book with me, and every time I read it, I underlined some expressions and sentences that I was impressed with and then tried to use them in the e-mails I sent to my pen pals all over the world.

そのようにして、僕は全く留学せずとも、英語で自己表現する方法を学んでいったのでした。
That’s how I learned how to express myself in English without ever studying abroad.

「リアル」な英語表現を学びたい方にオススメです。
Highly recommended for those who want to pick up "real" English expressions.





最後までお読みいただき、ありがとうございます。
↓お手数でなければ、クリックをお願いします。


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック