プレゼンの極意はスティーブ・ジョブスから学べ

今年18冊目の洋書は、「スティーブ・ジョブス驚異のプレゼン」(邦題)です。
My 18th English book of the year is “The Presentation Secrets of Steve Jobs.”

read_50_books_week18.jpg

本書では、どのようにスティーブ・ジョブスが聴衆を魅了するプレゼンをする(した)のか、そしてどうやって一般の人がジョブスのテクニックを自分のプレゼンに取り入れたらよいのか、ということについて詳しく説明されています。
This book describes in detail how Steve Jobs delivers (delivered) presentations that captivate(d) audiences and how an ordinary person can incorporate Jobs’s techniques into his own presentations.

今では伝説となった2007年のiPhoneの発表を見てみると、スティーブ・ジョブスのプレゼンの何がそんなにスゴイのかよくわかります。
If you watch the now-legendary iPhone introduction in 2007, you can clearly see what’s so great about his presentations.

百聞は一見にしかずです。
Seeing is believing.

そのプレゼンのYouTube動画のリンクを載せておきます。
Here is a link to a YouTube video clip of the presentation.

http://www.youtube.com/watch?v=xJPTahcyuKg&feature=player_detailpage

この動画にはやたら大きい英語字幕が付いているんですが、それが英語学習にとても役立ちます。
This video has extremely large English subtitles, which is quite beneficial for your English studies.

ジョブスのプレゼンをいくつか見た後で本書を読むと、著者が言わんとしていることがずっとよく理解できます。
If you read this book after seeing some of Jobs’s presentations, you can understand much better what the author is talking about.

僕はこの本を最初に英語でじっくり読んだ後、邦訳は出来るだけ速読するようにしました。
I read this book first in English, taking my time, and then read the Japanese translation as rapidly as possible.

すると、十分に本の内容を吸収し、記憶に保持することができます。
That way, I can fully absorb and retain the content of the book.

先に邦訳を読んでから、原書の英語版を読むというのもありだと思います。
I think it’s also a good idea to read the Japanese translation first and then read the original English version.

人前で話をする機会のある全ての人(特にプレゼンする人)にお勧めできる本です。
Highly recommended for everyone who has opportunities to speak in front of others (especially those who give presentations).


  
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
↓お手数でなければ、クリックをお願いします。


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック