おとぎ話で現実逃避


今年21冊目の洋書にはかなり短いものを選びました。(今週は日本語の本を2冊読まなければならなかったので)
For my 21st English book of the year I chose quite a short one. (I had two Japanese books to read this week)

read_50_books_week21.jpg

この多読シリーズの「美女と野獣」(邦題)は6,000語しかないので、電車の中で日本語の本を読む合間に読めちゃいました。
Because "Beauty a...nd the Beast" in this extensive reading series has only 6,000 words, I was able to finish it in between reading the Japanese books on the train.

本書は、原作であるフランス文学の古典に基づいていて、ディズニー映画とは話の筋がちょっと違います。
Based on the original classic of French literature, the plot of this book is a little different from that of the Disney film.

例えば、映画と違って、ベルの父親は発明家ではないですし、兄弟が2人、姉妹が2人います。
For example, unlike in the movie, Bell's father isn't an inventor and she has two brothers and two sisters.

しかし、読み終えた後には、思わずツタヤで映画のDVDを借りてしまいました (^_^;) (過去に何回も見てます)
After finishing the book, however, I found myself renting the DVD of the film at TSUTAYA. (I've watched it a number of times before)

「美女と野獣」は乙女チックな映画だと見なされがちですが、女性や子供だけでなく、男性をも魅了する不朽の名作であることは間違いないです。
Although it's often regarded as a chick flick, Beauty and the Beast is undoubtedly a timeless masterpiece that fascinates not only women and children but even men.

たまにはおとぎ話で現実逃避するのも悪くないかもしれません(笑)
It may not be a bad idea to escape from reality with a fairy tale for a change. LOL





最後までお読みいただき、ありがとうございます。
↓お手数でなければ、クリックをお願いします。


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック