パート3攻略法(1)

今日はリスニングのパート3(会話問題)の取り組み方についてお話したいと思います。

このパート3とその後のパート4をいかに攻略するかが、リスニングセクションで高得点を出す鍵になりますが、これらのパートが苦手という人が特に初・中級者の中には多いのではないかと思います。

まず、問題を解くための戦略が大切になりますが、代表的なものが「問題先読み」と呼ばれているテクニックです。

Questions 41 through 43 refer to the following conversation.「問題41-43は次の会話に関するものです」という指示文が流れる前に、

問題41から43までささっと設問と選択肢を読んで、予め問われているポイントを踏まえた上で、放送を聞くというものです。

これは、実際ほとんどの受験者がすでに実践しているので、「そんなこと知っているよ! Tell me something I don't know already.」って言われちゃいそうですが、一番合理的な先読み方法となると、そう簡単に出来るものではないかもしれません。

まず、リスニングセクションで350~450点くらい取れる受験者の間で最も人気のあるやり方としては、放送が流れる前に、設問と選択肢の両方をざっと見て、放送を聞きながら、正解のヒントが出てきた時点で、解答していくというものだと思います。その際に、マークシートに目をやると、一瞬選択肢から視線を外すことになるので、解答はいったん問題冊子に軽くマークしておきます。

実際には問題冊子への書き込みは禁止されていますが、

41. Why most likely was the woman late for work?

(A) She was delayed by bad weather.
(B) She had to deliver some documents.
(C) She was meeting with clients.
(D) She had to pick up some copies.

上記のように、「ちょんと」軽く点を付けるくらいなら(赤で表記)、試験官に注意されることはまずないでしょう。これを残りの2つの設問でも行い、その後すぐに、選んだ解答をマークシートに塗りつぶします。

このやり方だと、放送を聞き終わった時点でほとんど全ての設問に解答できているので、次の問題の先読みをする時間も確保しやすくなります。ですので、3つの設問に加えて、全ての選択肢にも目を通すことが可能になります。ただし、短い文をさっと読んで理解する「速読力」がないと難しいですし、かなり追われるというか、せわしく慌ただしい感じにはなります。

ちなみに、問題冊子にちょんと点を付けた解答をマークシートに記入する時間も惜しいという場合には、マークシートを完全に塗りつぶさず、軽くマークしておいて、リスニングセクション終了後に一気に塗りつぶすという手もあります。パート3&4合わせて、だいたい1分30秒くらいのロスにはなりますが。

このやり方で7~9割くらい取れるという人がけっこう多いので、僕も授業ではこのようなやり方を推奨してきましたが(2011年までは)、このやり方だと、聞きながら選択肢を見ることになるので、重要な部分を聞き逃したりすることもあり、最高で450点くらいが限度の人が多いようです。
450点取れればかなり良いと思われるかもしれませんが、僕が教えている生徒の中には450点以上、下手すると495点(満点)を取れてもおかしくない生徒が何人かいるので、このアプローチの限界を感じている今日この頃です。(もちろんパート3&4ではなく、パート2での失点が原因である場合もありますが)

僕自身、9月(2011年)のTOEICで、1題だけこの方法で解いてみたところ、それまでは3問ずつ正解できていたのに、重要な部分を聞き逃してしまい、おそらく1~2問落としてしまいました。全体で間違ったのは、その1~2問だけだったと思います。
ただ、問題冊子への書き込みをせず、放送を聞きながら最初の問題の答えをマークシートに書き込もうとしたら、次の問題で問われてるポイントを聞き逃してしまったということなので、このやり方をちゃんと実践したわけではなかったです。

学んだ教訓は、放送を聞きながらリアルタイムで答えていく方法で、マークシートにも同時に書き込んでいくということはほぼ不可能ということです。ですので、このやり方を成功させるには、絶対に問題冊子にちょんと印を付けていく作業が必要になります。ただ、個人的には、やはりこの方法で満点を取るのは難しいと感じています。

では、このやり方のどんなところが問題なのか、そして、別にもっと良い方法があるとしたら、どんなものなのか?

それを次回以降の記事でご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック