易しい英語で読む日本の経済

(12/13のFacebook投稿)

今年45冊目の洋書は、「日本の経済」(邦題)という比較的平易な英語で書かれた多読用教材でした。
My 45th English book of the year was “The Japanese Economy,” an extensive reading material written in relatively simple English.

read50books_45.jpg

同書では、日本経済の歴史や現在の状況、様々な問題についてわかり易く説明されています。
The book explains the history of the Japanese economy, its current state and various problems in an easy-to-understand manner.

嬉しいことに、7,310語しかないので、2日で読み切ることが出来ました。
To my delight, the book has only 7,310 words, so I was able to finish it in two days.

TOEICを一回受験すると、約3,500語を読むことが求められますが、多読を通じて、毎日同じくらいの量の英語を読むことを習慣化してしまえば、テスト本番で英文の量の多さに圧倒されることもなくなるでしょう。
If you take one TOEIC test, you will be required to read about 3,500 words, but once you can get into the habit of reading as much English every day through extensive reading, you won’t be overwhelmed by the sheer amount of English sentences on the test.

今年残り19日で、目標の50冊まであと5冊。
5 more books to go before I reach my goal of 50, with 19 days left this year.




↓応援よろしくお願いします。

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title
ブログを一通り読ませていただきました。

その英語力と向上心にはただただ脱帽するばかりです。

あなた様の生き方はまさに私が目指している姿です。

このままでは離される一方かもしれませんが、刺激をもらってこれからも頑張りたいと思います。
Re: No title
コメントありがとうございます。

学習者の方を念頭にブログを書いてきましたが、同じ教育者の方に読んでいただくこともあると思うと、さらに気が引き締まります。

僕は日英翻訳者として常に英語力を向上させる必要性を強く感じているので、英語教育者でありながら、気持ちは今でも英語学習者で、その姿勢はずっと持ち続けたいと思っています。

自分の英語力をさらに高めながら、同時に生徒さんたちを教えている感じなので、自分が実践している最新の学習メソッドが常に指導に反映されていく感じになっています。
(現在は通訳的なアプローチを指導に取り入れたりもしています)

学習者としても、指導者としても、常に進化していきたいです。

同業者として、今後ともよろしくお願いします。


> ブログを一通り読ませていただきました。
>
> その英語力と向上心にはただただ脱帽するばかりです。
>
> あなた様の生き方はまさに私が目指している姿です。
>
> このままでは離される一方かもしれませんが、刺激をもらってこれからも頑張りたいと思います。
No title
明けましておめでとうございます。

去年の11月に初めてTOEICを受験した者です。
TOEICとは?というレベルからのスタートでした。
ですので、あなた様の記事を全て読み参考にさせて頂きました。
貴重な情報を教えて下さりありがたく思います。全て実践させて頂いています。効果でています!

しかし、点数にまだ納得していません。もっと点数を取る自身、自分自身の英語力(なにが英語力かわかりませんがここではTOEICの点数)を上げられると確信しています。

参考書をあなた様が指摘していたようにPart7を中心に5.6とやっています。効果は実感しています。ですが、点数が伸び悩んでいます。同じ参考書を10周前後しており、答えへのアプローチもわかるのですが実践になるとわからないことがあります。

一冊の参考書はどこまでやり込めば良いのでしょうか?
愛用している参考書は特急シリーズです。

Reading400の壁を越えたいです。
そして最終的な目標は900点突破です。

よろしくお願い致します。
改めて、ものすごく貴重な情報提供ありがとうございます。
いい刺激にもなりますし、ありがたいです。
今後ともご活躍を期待しています。
Re: No title
明けましておめでとうございます。

丁寧なコメントありがとうございます。

「同じ問題集を何周もやる」という方法は、僕はやったことがありませんが、知識を定着させる上では、効果的なのではないかと思います。

僕がこのようなアプローチをしたことがない理由は、語学の習得という観点では、「問題演習」を繰り返すことにメリットを感じていないからです。

同じ理由で、片っ端から模試を解くということもやったことがありません。

公式問題集Vol.4、Vol.5で使われている英語を血肉化するつもりで、問題を解いた後に、英文を音読したり、和訳から英文が言えるようにしたりする方が、「スコアアップ」と「使える英語」を同時に身につける上では有効です。(これを自ら実践する学習者は相当マニアックですが)

リスニングの音声やスクリプトを使って、シャドーイング、オーバーラッピング、リプロダクション、音速読、read&look upなどをやり、暗唱まで持っていくというのもオススメです。
(澤田塾以外でも、実践者が増えてきているアプローチですが、まだまだそれほど一般の学習者の間では浸透してないようです)

「TOEICで聞かされるレベルの英語を自分でも言えるようにする」ことによって、断然聞きやすくなります。「言えるものは聞ける」からです。

あとは、金のフレーズを使って、和訳から英語のフレーズを全て言えるようにすれば完璧です。

どの参考書を使うにしても、「やり込む」=「自分でも言える・使える」ようにされると、TOEICの勉強によって、実用的な英語力も同時に鍛えられるようになります。

このようなアドバイスは、まだ多くの人には響かないので、もし気を悪くされたらすいません。

大学受験の勉強のように、「ただ問題を解くだけ」というTOEIC学習をされている人が多い現状を変えていきたいと思っています。

参考になりましたら幸いです。

今後ともよろしくお願いします。


> 明けましておめでとうございます。
>
> 去年の11月に初めてTOEICを受験した者です。
> TOEICとは?というレベルからのスタートでした。
> ですので、あなた様の記事を全て読み参考にさせて頂きました。
> 貴重な情報を教えて下さりありがたく思います。全て実践させて頂いています。効果でています!
>
> しかし、点数にまだ納得していません。もっと点数を取る自身、自分自身の英語力(なにが英語力かわかりませんがここではTOEICの点数)を上げられると確信しています。
>
> 参考書をあなた様が指摘していたようにPart7を中心に5.6とやっています。効果は実感しています。ですが、点数が伸び悩んでいます。同じ参考書を10周前後しており、答えへのアプローチもわかるのですが実践になるとわからないことがあります。
>
> 一冊の参考書はどこまでやり込めば良いのでしょうか?
> 愛用している参考書は特急シリーズです。
>
> Reading400の壁を越えたいです。
> そして最終的な目標は900点突破です。
>
> よろしくお願い致します。
> 改めて、ものすごく貴重な情報提供ありがとうございます。
> いい刺激にもなりますし、ありがたいです。
> 今後ともご活躍を期待しています。

管理者のみに表示

トラックバック