名スピーチは最強の英語教材

(12/23のFacebook投稿)
今年47冊目の洋書は、「英語で聞く 世界を変えた 感動の名スピーチ」(邦題)という、英語スピーチ集でした。
My 47th English book of the year was “Great Speeches that Changed the World,” a compilation of English speeches.

read50books_47.jpg

本書には、バラク・オバマ大統領の就任演説を初め、マーティン・ルーサー・キング牧師やジョン・F・ケネディー、マハトマ・ガンジーなどの偉人による有名なスピーチが掲載されています。
Featuring the inaugural address by President Barack Obama, this book contains famous speeches by such great figures as Martin Luther King Jr., John Fitzgerald Kennedy and Mahatma Gandhi.

下手な本を読むよりも、こういうよく練られたスピーチを読む方が、英語的にも内容的にもずっと勉強になると思います。
I think these well-written speeches teach you far more than a mediocre book does, in terms of both English and content.

スピーチの和訳を担当しているのは、大学受験予備校(澤田塾ではない)の同僚の先生でもある、天才翻訳者の鈴木健士氏。
The speeches were translated into Japanese by Takeshi Suzuki, a translation genius and also a fellow teacher at a prep school for college entrance exams (not Sawada-juku).

「翻訳業界のウサイン・ボルト」とも称される鈴木氏は質の高い翻訳を人類最速で仕上げます。
Referred to as “Usain Bolt in the translation industry,” Mr. Suzuki produces quality translations fastest of all mankind.

秀逸な和訳をフル活用して、それぞれのスピーチをセンテンスごとに日本語→英語の順番で読み、内容をしっかり理解した上で、付属の音声CDを聞くようにしました。
Making the best of the superb Japanese translation, I read each speech, first in Japanese and then in English, sentence by sentence, to fully understand the content. After that, I listened to the accompanying audio CD.

このストレスフリーな学習法は、どんな英語教材を使用する際にもお勧めです。
This stress-free learning method is highly recommended when using any English study material.

今年残り8日で、目標の50冊まであと3冊。
3 more books to go before I reach my goal of 50, with 8 days left this year.


↓応援よろしくお願いします。

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック