2014年にやった英語学習

久しぶりに2日連続でこのブログを更新しています。

今年は、自分の英語が学習のストラテジーを大幅に変えようと思っています。

そのお話をする前に、
まずは昨年、自分が個人的に行なっていた英語学習についてご報告します。

昨年はTIMEを定期購読し、
毎週1冊をcover to coverしていました(=前ページ読む)。

最初の方は、実験的に初見で音読し、
知らない単語には線を引いて、後で辞書で調べていましたが、
段々時間の確保が難しくなってきたので、
「移動中に黙読&知らない単語はスルー」に切り換えました。
(本当に気になる単語だけ調べる)

TIMEたち

このような形で毎週TIMEを読むことで次のような成果がありました。

1.時事についての背景知識が増えた
2.語彙力が上がった(調べてない単語と顔なじみになることも含む)
3.読むスピードも速くなった

読むスピードが速くなったというのは、
TIMEの記事を読むときというよりは、
よりレベルが低い英文を読むときに実感します。

TIMEの記事には難しい単語が頻繁に出てきて、
一瞬「ん?」って止まってしまうことがあったり、
1文が長くて文構造がすっと把握しにくいことがあります。

ですが、英字新聞やネットの記事くらいの英文であれば、
知らない単語もほとんど出てこないし、センテンスもシンプルなので、
スラスラ読むことができるわけです。

普段TIMEを読んでいることで、
それが「高地トレーニング」になり、
標準レベルの英文が物凄く簡単に感じるということです。

TIMEを読むメリットについて述べましたが、
一般の英語学習者の方にTIMEをお勧めしているわけではありません。

というのも、英検1級に合格できるくらいの力がないと、
挫折する可能性が高いからです。
(英検1級を本気で目指している人なら良いかもしれません)

ちなみに、僕も今年は定期購読を更新しないつもりです。

その代わり、今年は大幅に違ったアプローチを取り入れ、
自分の英語力を次のレベルに持って行こうと思っています。

それについては、また次の記事で詳しくご紹介します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
↓応援よろしくお願いします。


TOEIC ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック