「澤トレ」(最強攻略PART1&2)の使用上の注意



拙著「TOEICテスト最強攻略PART1&2」(別名:「澤トレ」を使って勉強されている読者さんのために「使用上の注意」を書きました。

というのも、適切なやり方で本書をお使いいただかないと、意図した効果が得られなかったり、途中で挫折してしまったりする可能性があるからです。

まず最初に気を付けていただきたいのは取り組む順番です。


トレーニングはPart 1フレーズから!

読者のみなさんの中には、「Part 2が苦手だからこの本を買った」という方がたくさんいらっしゃると思います。

そこで、いきなりPart 2からやろう、という発想になってもおかしくありません。
(むしろ普通の発想です)

ですが、Listen & Repeat(リプロダクション)やRead & Look upなど、拙著で行うトレーニングをこれまでほとんどやってこなかったという方は、Part 1のフレーズから取り組むようにしてください。

このことはツイッターでもお伝えしています。



Part 2の「解法のストラテジー」は先に読んでもOK

p.96~のPart 2の「解法のストラテジー」では、まずミニテストを解き、続くページでミニテストの答え合わせをしながら出題パターンについて学べるようになっていますが、ここは読んでいただいても大丈夫です。

p.104-105のPart 2を攻略するための「目標」や、
p.106-115で提示している「3つの解法」についても読んでいただいて構いません。

ただ、p.116-119の「学習のストラテジー」で紹介しているトレーニング法については内容を読むだけにしておいてください。

というのも、Part 1のフレーズと描写文のトレーニングをせずに、Part 2のトレーニングをやろうとすると、大変なことになる可能性があるからです。

このことについては以下のツイートでも述べています。

「ケガをする」というのは、「何だ、コレ! 難し過ぎる!」と言って挫折してしまうかもしれない、という意味です。

p.116-119の「学習のストラテジー」でこのトレーニングの内容をお読みいただくと、
「ひょえ~、こんなの無理だろ!」と思われる人もいるかもしれませんが、大丈夫です。

適切な順番でトレーニングしていけば、必ずできるようになります。
そして、このトレーニングができるようになった暁には、Part 2で全文聞き取る力が着実に身に付きます。


まずはPart 1のトレーニングを終わらせる

ですので、苦手なPart 2対策に入りたい気持ちはとりあえずぐっと押さえて、
まずはPart 1のフレーズで3つのトレーニングを実践してみてください。

Listen & Repeat
Read & Look up
日→英 Quick Response

Part 1のフレーズの次は、Part 1の描写文でも同じトレーニングを行います。

そのようにしてPart 1のトレーニングが一通り終わると、Part 2のトレーニングに進むための準備が整うと考えてください。

ちなみに、たかがPart 1と思われるかもしれませんが、描写文(センテンス)でListen & Repeatするのはけっこう難しいです。

最初の人物写真の描写文ならできるという人は多いと思いますが、
風景写真の描写文はかなり手ごわいはずです。

実際にやってみると、より簡単なPart 1ですら、これらのトレーニングをするのはけっこう難しかったりしますので、
Part 2でいきなり同じことをするのは無理だろうなぁ、ということに気付かれると思います。


最後に一言

Part 1のトレーニングは、Part 2のトレーニングをするのに必要な土台作りになります。
Part 2で全文聞き取れるようになるための大事なプロセスだと思って取り組んでみてください。

これからも、「最強攻略PART1&2」の著者として、さまざま形でサポートを行ってまいります。

一緒に楽しみながらトレーニングをしていきましょう!


関連記事
「澤トレ」Part1トレーニングが終わった後は?


応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

No title
先週からトレーニングを始め、昨晩で、Part1のListen & Repeat(リプロダクション)やRead & Look upを終えました。
このまま進んでいいのか、同じところを何回もやってから進むべきか悩むところですね。
少しやってみました。

和訳も音読すると イメージしやすいですね。

ツイッター フォローいたしました。
セミナーの情報楽しみにしています。予定があえばよいのですが;^_^A
Re: No title
ボストンさん

ご報告ありがとうございます!

ということは、p.94まで終わったということですか?

とりあえず、そのままPart.2の解法のストラテジー(ミニテストおよびその解説と解法3つ)を終わらせてみてください。

それが終わったら、学習のストラテジー(トレーニング)に入ってみてください。
最初の「設問文のみでListen & Repeat」でつまづく可能性もありますが、それも想定内です。

その後、Read & Look upして覚え込んだのち、またListen & Repeatに再チャレンジされれば、けっこうできるようになっているはずです。

そのようにして、設問文をマスターされてから、
本書の最大のハードルである、「高負荷Listen & Repeat」に挑戦するようにしてください。

よろしくお願いいたします。

澤田


> 先週からトレーニングを始め、昨晩で、Part1のListen & Repeat(リプロダクション)やRead & Look upを終えました。
> このまま進んでいいのか、同じところを何回もやってから進むべきか悩むところですね。
Re: タイトルなし
ありがとうございます!


そうですね。

先に日本語も音読することによって、
英語がさらに染み込みやすくなると思います。


次のセミナーの情報ですが、今週、7/11(土)のセミナーが終わったあと公表いたします。

メールをいただけましたら、お知らせいたします。

よろしくお願いいたします。



> 少しやってみました。
>
> 和訳も音読すると イメージしやすいですね。
>
> ツイッター フォローいたしました。
> セミナーの情報楽しみにしています。予定があえばよいのですが;^_^A

管理者のみに表示

トラックバック