スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年度第1回英検1級 2次試験 結果

7/5(日)に英検1級の2次試験を受けました。
その結果がネットで発表されましたので、ご報告したいと思います。


「ヘタウマ英語」代表の過去のスコア

今回の結果をお伝えする前に(ひっぱって、スイマセンw)、
過去に14回合格している僕のこれまでのスコアを以下に列挙させていただきました。
(現行の100点満点で、手元にスコア表があるものだけ。一部紛失)


2004年 第2回 90点(奇跡の高スコア!☆)
2004年 第3回 77点
2005年 第1回 74点
2005年 第2回 63点(コレには凹みました。。。)
2006年 第1回 77点
2006年 第2回 78点
2006年 第3回 80点
2007年 第1回 76点
(2008~2010年は受験せず)
2011年 第2回 80点
2012年 第3回 75点


見ておわかりの通り、1回だけマグレで90点を取ったことがありますが、
だいたい70点台ばかりで、80点取れたら上出来という感じです。

「ヘタウマ英語」代表の英検1級2次の点数なんてこんなもんです。
悔しいですが、なかなか高得点は取らせてもらえません。

というか、
2004年からまったく成長が見られません。。。(汗)

で、
今回の結果はどうだったかというと、、、




2次93点 (579x163)



93点!? 

わ~い、過去最高点だ!


って、
コレは前回受けたとき(2013年第3回)の結果でした。


だましてスイマセン m(_ _)m


今回の2次試験では、僕の中では上記のスコアが目安だったんです。

ハードルはメチャクチャ高いです。


「100メートル走を9秒台で走ってメダルを取った選手が、
次の大会で10秒3とか中途半端な記録を出すわけにはいかない」


まさにそんな心境です。(どんなだよ)


同じく90点台
いや、悪くても80点台は取らないといけない。


で、
今回の結果はどうだったかというと、、、(本日2回目)






英検76点 


え、76点!?


ちょっと待った!


英検協会に「物言い」! (って、できないけど)


白鷗物言い (229x300) (191x250)審議中 (250x188)
(イメージ画像)


感覚的には、正直、そんなに悪くはなくて、
けっこうイケたかな?なんて思ってたんですよ。


まぁ、ちょっと冷静になって、
76点という点数を分析すると、
2つの項目において、試験官2人のうち1人から
5段階中、3を喰らっているということがわかります。


細かい分布表を見るまでもなく、
おそらくこういう内訳だったはずです。


スピーチ 24/30 (2人とも4点)
質疑応答 24/30 (2人とも4点)
文法/語彙 14/20 (1人は4点、もう1人は3点)
発音     14/20 (1人は4点、もう1人は3点)

計 76/100


「スピーチ」と「質疑応答」では、
話の内容や質問に対して適切な応答ができているか?など、タスクをしっかりこなせているかどうかが問われます。

一方、「文法/語彙」と「発音」では、純粋に「英語力」が評価されます。

この2つの項目において、
どちらかの試験官から3を喰らっているわけです。
(それぞれ違う人かもしれませんが)

でも、まぁ、「ヘタウマ英語」代表の僕からすると、
「君の英語は、やっぱりヘタウマだ」と言われたような気がして、
ちょっと嬉しかったりするんですけどね☆ (いや、全然嬉しくない)

やはり、誰の目から見ても、最後の2つの項目において、
4か5をもらえるように精進しないとダメだなぁ、と感じています。

文法は正確な方だと思うのですが、
確かに、使う語彙はシンプル過ぎたかもしれません。

もっと切れのある表現を随所に散りばめられるようにしたいです。

でも、発音はそう簡単に上手くなるものではないんですよね。
この分野では「ヘタウマ英語」と自称して、自分でも半分開き直っていますから。
(陰でちゃっかり努力してはいるのですが。。。)


ちなみに、過去最高の93点だったときの得点分布は以下の通りです。


スピーチ 27/30 (1人は5点、もう1人は4点)
質疑応答 30/30 (2人とも5点)
文法/語彙 18/20 (1人は5点、もう1人は4点)
発音     18/20 (1人は5点、もう1人は4点)

計 93/100


「英検戦闘力」はどうだったか?

今回の英検から、「戦闘力」(別名:英検CSEスコア)という
新たな国際基準のスコア尺度が導入されたこともあり、
特にTwitterでは、TOEIC高得点者、満点取得者が中心となって、
「英検1級バトル」が勃発しました。

実は、これによって、僕のような過去に合格している人が多く受験したため、
採点基準が厳しくなったのではないか?という気もします。
(新しいスコア基準が導入されたこともあると思いますが)


僕の総合的な「戦闘力」は以下の通りです。

戦闘力3081


戦闘力3081


一応、目標としていた「戦闘力3000」を超えることはできたので、
それに関しては、そこそこ納得のいく結果を残せたと思います。

ちなみに、HBKさんによると、戦闘力3000を超えれば、
スーパーサ〇ヤ人として認定されるそうです。

しかし、「C2」というノンネイティブ最高レベルに認定されるには、
3400点満点で3300点取らないといけないようなので、まだまだです。
(あと219点。。。)


次の英検では、戦闘力3300を視野に入れつつ、
とりあえず、もう少しで取れそうな戦闘力3100を目標にしようと思います。


あと、1次の英作文で満点を狙うべく、
英語好きさんオススメのこちらの参考書を買ってやってみようと思っています。

英検分野別ターゲット英検1級英作文問題



英作文は、書いた後に音読して、言えるように練習すれば、
2次試験対策にもなりそうです。


応援よろしくお願いいたします m(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

英語 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

No title
自分の点数をいい時も悪い時も公開できる人って素敵だと思います。
僕もTOEIC(最高で895点)だけでなく英検も受けようと思いますのでご指導お願いします。
Re: No title
ボストンさん

コメントありがとうございます!

実は悪い時も点数を公開されている方々がTwitter上に何名もおりまして、
僕も逃げられたないという状況だったりします(笑)

TOEICだけでなく、英検も受けられるとのこと、素晴らしいですね☆

一緒にがんばりましょう!


> 自分の点数をいい時も悪い時も公開できる人って素敵だと思います。
> 僕もTOEIC(最高で895点)だけでなく英検も受けようと思いますのでご指導お願いします。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。