僕がオンライン英会話を始めた理由


1/4(月)から今日で6日間連続
オンライン英会話のトライアルレッスンを受けてきました。


レアジョブで3レッスン、
DMMで2レッスンに引き続き、
今日は間違えて産経オンラインとBizmatesのトライアルを入れてしまったので、
1日で2レッスンやりました。(=今のところ計7レッスン)


なぜ僕がこれほど猛烈な勢いでオンライン英会話をやり始めたのかというと、
澤田塾の生徒さんのスピーキング力向上にオンライン英会話が役立つのか?
ということを検証するためです。


そして、役立つとしたら、
会社や講師、効果的な活用法などについて
アドバイスできるようになる必要があると思い、
自ら実践経験を重ねているのです。
(今のところすべて無料お試しレッスンですがw)


あ、私は決して「トライアルレッスン荒らし」ではございません!
真面目に比較検討しているんです!
(後で正式に申し込む予定です)


ちなみに、明日からスタートする「自己表現クラス」では、
最後にオンライン英会話を試してみる時間を設けようと思っています。


継続生のほぼ全員がTOEICでは結果を残し、
ますますスピーキングにも意識が向き始めています。


「もっと英語で言いたいことを言えるようになりたい」

「外国人とコミュニケーションを取れるようになりたい」

「仕事で英語を使えるようになりたい」


次のステージに進もうとしている生徒さんたちの
このような想いに真剣に答えるために、
自分にできることは何か?


それを常に模索し続けています。


TOEICのスコアを上げるお手伝いをすることは、
僕にとってそれほど難しいことではありません。
目標スコアを達成するのは、ほぼ時間の問題です。


一方、英語を不自由なく使えるようになるよう導けるか?
というと、それは全く別次元の話です。


スコアアップの何十倍、何百倍も時間と努力を要しますし、
努力の方向性を間違えると、一向に上達しない可能性もあります。


しかし、そう簡単に達成できることではないからこそ、
挑戦する価値があると僕は思うのです。


大人が本気で英語習得を目指すスクールとして
今後どのように澤田塾を進化させていけばよいのか。


その方向性を決める上で、
今年は大きな節目となりそうです。


応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ 

TOEIC ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック