セルビア語とクロアチア語とボスニア語の違いは?


さきほど、オンライン英会話でボスニア・ヘルツェゴビナの方とお話しまして、
自分が無知だったこともあり、「え! そうなの!?」という発見をしました。


元々、ユーゴスラビアが分裂して、
セルビアとクロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナの3つに分かれたので、
これらの国の人たちは全員同じ言語を話すんですね。


セルビア語もクロアチア語もボスニア語も
ただ名称が違うだけで、同じ言語なので、普通に通じるそうです。


北海道の人と東京の人と九州の人が会話できるような感じでしょうか。


実は、今日は眠くて、
この最後の24時からのレッスンはキャンセルして
代わりに、NBAの試合でも見てリラックスしようかとも思ったんです。


でも、
「いかん、いかん、オンライン英会話でリラックスできるくらいにならねば!」
と、無理をして受けました。


結果、意外とリラックスできました(笑)


特にボスニアの人は、ゆったりとした口調の方が多く、
話しているのを聞いていると、なんか落ち着いた気分になります。


一方、セルビアの人は、概して、パワフルで、エネルギッシュで、
早口の人が多い印象です。


もちろん、日本人と同様、同じ国籍の人の中にも、
色んなタイプの人がいるので、generalize (一般化)することはできませんが、
やはり国民性のようなものはあると思います。


最後のレッスンでは、自分がリラックスすることが目的だったのですが、
実は、相手の先生にも、「あなたのような上級者と話すと、リラックスできる」と言われました。


正直、相手の口から relaxという単語が出てくるとは夢にも思っていなかったので、
嬉しい驚きでしたが、「実は僕もリラックスするのが目的だったんですよ!」とか言うと、
話がややこしくなりそうだったので、あえてそこは突っ込まないでおきました。


でも、なんか新たな目標が見つかったような気がします。


今後、特に夜遅くにオンライン英会話をするときには、
「自分もリラックスできて、相手にもリラックスしてもらえるような会話ができるようになる」
ことを目指したいと思います。


こんな風にリラックスする手段として、
外国人と英語で話せたらいいですよね。

↑以前は、こんなこと考えもしなかったですけど(笑)


応援よろしくお願いいたします m(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

英語 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック