モンテネグロの人と白熱したディベートをしたら?


今日の23時からのオンライン英会話では、
初めてお会いしたモンテネグロ出身の先生と僕のユートピアン的なアイデアについて議論をしました。


議論をするつもりはなかったんですが、「それはうまく行かないと思う」と言われ、
スイッチが入ってしまいました(笑)


TOEICと関係ないことばかり書いているので
現在絶賛低迷中
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 


TOEIC ブログランキングへ


僕は実は色々と自分の中で膨らませているビジネスアイデアがあるのですが、
会ったばかりの人にはいきなりシェアしないことにしています。

ただ今日の先生は、経済学やビジネスを大学で学んだと言っていたので、
最近思いついた、このユートピアン的(理想郷的)なアイデアをシェアしてみました。


ここから英語です。

I have this utopian idea about creating a special English learning zone in some depopulated area in the countryside. There are many areas where mostly elderly people live and there are very few young people and children. As a result, many schools have closed down and there are many vacant houses. So, I will invite English teachers from Serbia and the Philippines to teach English in the area using those vacant schools. They will be very, very reasonable international schools. Young families who want to provide good English education for their kids will move to this area, and the problem of depopulation will be solved.


この程度のことを言いました。英語のレベルもこんなもんです。
書き言葉としては、微妙な感じです。


そしたら、モンテネグロの人はすかさずダメ出し。

「それはうまく行かないと思う。だって、私も含めて、多くの若い人たちは仕事があって、買い物するにも便利な都市に住むことを好むから。過疎化の問題はモンテネグロでも同じで、若者はみんな出ていって、都市部に移り住むものよ。田舎に住みたいと思う若い人なんていないわよ。政治家だって、廃村を再生させようとか言うけど、そんなの選挙で人気を取るためだけに言っているだけで、本気じゃないんだから」


で、僕がそれに対してどう返したかというと、
(ここからまた英語です)

The idea is to create jobs for young talented people from some financially unstable countries. For example, I've met many, many brilliant young people from Serbia. But the unemployment rate in the country is 30 percent or something, and their economy is showing no signs of improving, so they can't find jobs. That's why they are teaching at DMM, but I think they deserve to earn a higher salary. If they work in Japan, they'll easily be able to earn 1,000 dollars, which is not much in Japan but a lot of money for them, because of the huge difference in prices (物価) between Japan and their country. If they are given free accommodation or lodging utilizing vacant houses, they don't have to earn much money, which will keep labor costs down and enable us to offer reasonable international education to Japanese people.


このようなことを言ったら、だんだん賛同し始めてくれました。


「それはいいアイデアだと思う。モンテネグロも失業率が30%なの。私の両親は裕福なんだけど、私は大学卒業しても、仕事が見つからないから、DMMで教えてるの。でも、もちろん、色んな人と出会えて、素晴らしい経験ができるから、この仕事はとても気入っているんだけど。セルビアもボスニア・ヘルツェゴビナもモンテネグロも状況はだいたい同じ。田舎ではなくて、東京や大阪などの大都市でやった方がいいんじゃない?」


This idea wouldn't be so viable in big cities because land prices are much higher. The key is making good use of those existing facilities in a depopulated area that are not in use, such as schools that have closed down and vacant houses. That way, it won't cost too much money to initiate the project.


モンテネグロの先生: 「なるほど。いっそのこと大きな会社を立ち上げて、このアイデアを実行したらどう?」


僕: 「大きな企業を立ち上げる資本金は自分にはないから、それほど大規模なことはできないけど、例えば、政府からの助成金を申請することを検討したい。僕の考えに納得してくれる人がたくさんいて、国の政策として行うことが出来れば、実現させられる可能性もゼロではないと思う。」


最初、あからさまに反論されて、
「おぉ! 今日はいつもとノリが違うなぁ! 」と一瞬面食らったのですが、
最終的には、相手をやんわり納得させることもでき、いいディベートができました。


最後にこんなことを言いました。

I like it when somebody disagrees with me or contradicts me, because it helps make my ideas better.
So I really liked it when you argued that my idea wouldn't work at the beginning. That allowed us to have this heated discussion, which I enjoyed a lot.



特にヨーロッパの人は自分の考えをすごく持っていて、
意見を述べるのが得意だし、普通に反論とかもしてくるので、
非常に良いディベート相手になってくれます。


今日みたいな感じも刺激的でいいのですが、
明日の夜は、一日仕事した後で疲れているはずなので、
もっとマッタリした感じの話題に持って行こうと思います。


応援よろしくお願いいたします m(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

英語 ブログランキングへ


<関連記事>
「オンライン英会話はリラックスする手段になるか?」

「オンライン英会話はどこがいい?」

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック