澤フレでカバーすべきか迷っている表現


澤フレに掲載しようかどうか迷っている表現があります。


be devoted to 名詞/動名詞(~ing)
「~(すること)に献身している/熱心に取り組んでいる」


Mr. Bull is devoted to teaching TOEIC.
「Bull先生はTOEIC指導に熱心に取り組んでいる」


devotedの代わりに、同義語のdedicatedとcommittedも使えるのは基本です。


上述の表現はTOEICで頻出するので、もちろん澤フレにも載せるんですけど、
同じ意味になる、こちらのパターンをどうするかで悩んでいます。

Mr. Bull is devoting himself to teaching TOEIC.


be devoted (dedicated / committed) to 名詞/動名詞(~ing)
= devote (dedicate / commit) oneself to 名詞/動名詞(~ing)

*「自分自身を~にささげる」=「~に熱心に取り組んでいる」と考えます。


このoneself(再帰代名詞)を含むパターンもカバーした方がいいですかね?
(って、誰に聞いてんだか)


さらに、devote / dedicate / commitには、
以下のようなパターンもあります。


Mr. Bull is devoting all his time to teaching TOEIC.
「Bull先生は自分の全ての時間をTOEIC指導にささげている」

devote (dedicate / commit) A to B 「AをBにささげる」
この語法もけっこう大事だと思います。


「自分自身」(oneself)をdevoteする代わりに、
「時間や人生」(time、life)などもdevoteできるわけですね。


シンプルに考えると、spend A on Bやuse A for Bと似てますね。

*この語法では、あまりcommitは見ないかもしれませんが、一応あります。


上記の使い方もTOEICにけっこう出るので、澤フレには掲載する予定です。


devote (dedicate / commit) oneself to 名詞/動名詞(~ing)に関しては、
be devoted (dedicated / committed) to 名詞/動名詞(~ing)の同義表現として、
脚注などで軽く触れておけばいいですかね?
(って、誰に聞いてんだか)


それとも、再帰代名詞コーナーを作って、
pride oneself on ... 「~を誇りに思う」(=be proud of、take pride in)などと一緒に
まとめるのもアリな気がしますが、ちょっと迷いどころです。


以上、ちょっと勉強になるボヤキ(独り言?)でした。


応援よろしくお願いいたします m(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


TOEIC ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック