スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

で、澤トレってどれくらい売れたの?


今週は発売1周年記念ということで、またまた澤トレネタで恐縮ですが、
今日は大事なご報告をさせていただきます。



発売日の2015年6月27日から締め日の2016年1月31日までの7か月間の実売部数が判明しました。


3,200部です。


このような数字を報告してよいものか迷いましたが、
よく有名なビジネス本の著者が、「10万部突破しましたぁ~!」とかFacebookで宣言されていたりするので、
まぁ、それと同じかなと。


でも、3,200部なんてショボ過ぎて、報告する価値がないと思われるかもしれませんが、
これは僕にとっては出来すぎくらいの結果です。


澤トレは、パート1&2というもっとも対策を怠りがち(=軽視されがち)なパートの本なので、
そもそもあまりニーズがないタイプの本なんです。


また、従来のTOEIC本のように、スコアアップだけに特化するのではなく、
「スコアアップ」と「使える英語」の両立を目指す
という自分の指導理念を全面に押し出した、若干マニアックな方向性の本でもあります。


なので、「あまり売れないだろう」というのが大方の予想でした。


実際、増刷が決まったときは、出版社の担当の方でさえも
「パート1&2の本だから、そんなに売れないだろうと思ってたんですけどね。ハハハ」
って言われていたくらいです。


7か月間で3,200部というのは、この手の本にしては悪い結果ではないので、
その予想が覆されたことは、とても嬉しいサプライズでした。


この期間に、澤トレを使って勉強された澤田塾の生徒さんの数はせいぜい50名くらいでしたし、
発売後3か月間で計5回開催した「澤トレセミナー」の参加者(12名×5=60名)と合わせても、
100人ちょっとにしかなりません。


他にもツイッターやFacebookでつながっている方々も含めて、
個人的に把握している人を合わせても、せいぜい150人くらいです。


ということは、僕が知らない人で澤トレをご購入いただいた方が全国に3000人以上いるわけです。


これは、僕にとっては、信じられないくらい多いです。


キレイごとではなく、売上がどうとか、印税がどうとかいうのは本当にどうでもよいことです。


実際、僕は初回印税分(最初の2,400部分)でいただいたお金は、
自費で依頼した動画の制作費と英文作成に協力してくれたネイティブの友人への支払いでほとんど消えてしまいました。


手元に残ったのは、わずか20,000円です
この本には1000時間以上費やしたので、
時給換算すると20円。。。笑 ←(って、笑えない)


もっと時間をかけないで、効率的に執筆することもできたかもしれませんが、
「どれだけ時間がかかっても、いい本を作らなきゃ意味がない」と思っているので、
時間をかけ過ぎたことは全く後悔していません。


塾生を含め、実際に澤トレを使っていただいた方たちからの評判はすごく良いので、もうそれだけで十分です。


僕の場合は、自分が書いたTOEIC本は授業で使うことが前提なので、
クオリティーにおいて一切妥協することができません。

良くも悪くも、それがそのまま自分の指導の質に影響するからです。


ですので、作業効率とか利益効率なんてものは一切無視して、
どれだけ時間と労力がかかろうが、可能な限り最高の本を作る

それだけに集中しています。


現在執筆中の「澤フレ」(TOEICフレーズ集)でも時間をかけ過ぎまくっているのですが、
もはや開き直ってやっています。
(もうすでに回収不能なほどの時間を費やしてしまいました。。。)


でも、塾のメイン教材として使ってくれる生徒さんや読者さんが満足してくれれば、それでいいんです。


で、3,200部という実売部数の話に戻りますが、
僕はこの数字に対して非常に責任を感じています。


これ以上澤トレが売れることよりも、
すでに購入いただいた方々が本をちゃんと使って英語力を伸ばすことができたのか?
ということが非常に気がかりです。


出来ることなら、澤トレセミナー(読者特典の無料セミナー)も開催し続けたかったですし、
自主作成の動画やブログ記事をどんどんアップして、もっと読者サポートを充実させたかった、という気持ちがあります。


従来の本のように、ただ売りっ放しにするのではなく、
「出版⇒読者サポート⇒しっかり成果を出してもらう」
という流れを作るという目標が道半ばになってしまったことが非常に心残りです。


言い訳にしかなりませんが、澤トレを発売した3か月後には澤フレの執筆を開始しなければならず、
色々焦っていたこともあって、そういうことをする時間がほとんど取れなくなってしまっていました。


でも、またこれから、自分に出来る範囲の中で、
徐々にサポート体制を構築していければと思っています。


I'd apprecite your precious ballot. m(__)m
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


TOEIC ブログランキングへ


<関連記事>
祝「澤トレ」発売1周年&誤植訂正
スポンサーサイト

コメント

澤トレ活用させて頂いてます!
こんにちは^ ^
初めまして。
澤トレを毎日活用させて頂いていて、とってもお気に入りの本になので初めてコメントしてみました。

まだ二ヶ月弱の使用で私にとって負荷があり、なかなかパート1から抜け出せませんが、毎日澤トレで楽しくトレーニングしてます。
澤トレを行う時間を作りたくて自転車通勤から徒歩通勤に変えたほどお気に入りのテキストになりました。
私は通勤中のトレーニングでつぶやいた英文を会社の中で暇な時間にアレンジしながら心の中でぶつぶつ呟いて英作文を作っています。
音声を使えば手ぶらでトレーニングできる点がとても気に入っており、是非次の澤フレでも通勤中に手ぶらで使えるつくりになっていたら有難いです!
次のテキストも期待しています^ ^

No title
はじめまして。C2プロジェクトに参加しているDr.Englishと申します。

先生のお考えは私と大変共通するところがあり、私のブログで先生の名前を出させていただきました。

SNSなので直接の面識がないことは致し方ないとしても、コメントのやり取りさえしたことがないため一言断りを入れておこうと思いコメントさせていただきました。

不都合であれば削除しますのでご遠慮なく仰ってください。
感銘致しました
澤田さん

おこがましい言い方で誠に恐縮ですが、巷にはろくに校正もされず出版のスピード重視とタイトルの派手さ(これは出版社側の都合でもありますが安易なものが多過ぎる)だけで次から次に出版されるTOEIC本が溢れている中で、澤田先生のように学習者を第一に考える出版への真摯な取り組み姿勢は、時代の流れに反している少数派なのかもしれませんが、密かに応援している人も多いのも事実だと思います。
Shin
Re: 澤トレ活用させて頂いてます!
ゆきさん


初めまして。とても励みになるコメントをいただき、ありがとうございます。


澤トレユーザーの中でも怠りがちな人が多いパート1のトレーニングにしっかり取り組まれているとのこと、
大変うれしく思います。

パート1のトレーニングは、次のパート2のトレーニングに進むための重要な準備段階であるとともに、
パート1で使われるフレーズやセンテンスはすごく役に立つものが満載なので、引き続きトレーニングして、
血肉にしていってください。


パート2では、高負荷トレーニングの負荷が本当に高いので、
「設問文のみのListen & Repeatができればよい」と考えて、
とりあえず、全120例文を制覇するという方法でやっていただくのも手です。

設問文だけでも、最初は難しくて全然言えないかもしれませんが、
和訳がついている次のページを見ながら、Read & Look upをして半分英文を覚えこんで状態で再びチャレンジすれば、けっこう出来るようになります。

そんな形で1周目は、設問文のみにして、応答は正解を確認するくらいでも大丈夫です。

さらに、2周目として、もう1段階上げた方法(高負荷よりは緩い)があるのですが、
それは今度記事でシェアさせていただきます。


歩きながらブツブツ英語を言う練習をするのには、澤トレは最適ですよね。
徒歩で通勤すれば、運動にもなるし、一石二鳥(Kill two birds with one stone)ですね。


澤フレの方も、テキストなしで、声を出して練習できるように、
提案するトレーニング法や音声などにも、かなり工夫を凝らしていますので、
澤トレの延長のような感覚で楽しく取り組んでいただけるので、ぜひ期待していてください。


今後ともよろしくお願いいたします。


澤田






> こんにちは^ ^
> 初めまして。
> 澤トレを毎日活用させて頂いていて、とってもお気に入りの本になので初めてコメントしてみました。
>
> まだ二ヶ月弱の使用で私にとって負荷があり、なかなかパート1から抜け出せませんが、毎日澤トレで楽しくトレーニングしてます。
> 澤トレを行う時間を作りたくて自転車通勤から徒歩通勤に変えたほどお気に入りのテキストになりました。
> 私は通勤中のトレーニングでつぶやいた英文を会社の中で暇な時間にアレンジしながら心の中でぶつぶつ呟いて英作文を作っています。
> 音声を使えば手ぶらでトレーニングできる点がとても気に入っており、是非次の澤フレでも通勤中に手ぶらで使えるつくりになっていたら有難いです!
> 次のテキストも期待しています^ ^
Re: No title
Dr.Englishさん、


はじめまして。コメントありがとうございます!


ブログ拝見させていただきました。名前を出していただき、大変光栄です。

共通する考えを持つ者同士、仲良くさせていただけれたら嬉しいです。


今後ともよろしくお願いいたします。


澤田



> はじめまして。C2プロジェクトに参加しているDr.Englishと申します。
>
> 先生のお考えは私と大変共通するところがあり、私のブログで先生の名前を出させていただきました。
>
> SNSなので直接の面識がないことは致し方ないとしても、コメントのやり取りさえしたことがないため一言断りを入れておこうと思いコメントさせていただきました。
>
> 不都合であれば削除しますのでご遠慮なく仰ってください。
Re: 感銘致しました
Shinさん


いつも励みになるお言葉、ありがとうございます。


僕は出版社で語学書の編集者をしていたこともあり、
両側を見てきているので、Shinさんのおっしゃることは大変よくわかります。

僕自身、そのようなあり方にはずっと疑問を感じてきたので、
著者として同じことはしたくないという気持ちが強いです。


これからも時代の流れに反して、頑張ります(笑)


今後ともよろしくお願いいたします。


澤田



> 澤田さん
>
> おこがましい言い方で誠に恐縮ですが、巷にはろくに校正もされず出版のスピード重視とタイトルの派手さ(これは出版社側の都合でもありますが安易なものが多過ぎる)だけで次から次に出版されるTOEIC本が溢れている中で、澤田先生のように学習者を第一に考える出版への真摯な取り組み姿勢は、時代の流れに反している少数派なのかもしれませんが、密かに応援している人も多いのも事実だと思います。
> Shin
No title
TOEICの情報、ときどきというか頻繁に参照させていただいておりました。すべていったん、撤去されたのですね・・・
まだまだ読ませていただきたかったので残念です。何らかの形で復活することはありませんでしょうか。
Re: No title
Junさん

こんにちは。

お返事および対応が遅くなり、申し訳ございません。

そう言っていただけると嬉しいという気持ちはありますので、
多少書いてある内容が古いですが、再掲載させていただきます。

以前の「はじめに」にあった記事は、
以下のエントリーからお読みいただけるようにしました。


「はじめに(旧バージョン)」
http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-entry-31.html


よろしくお願いいたします。

澤田



> TOEICの情報、ときどきというか頻繁に参照させていただいておりました。すべていったん、撤去されたのですね・・・
> まだまだ読ませていただきたかったので残念です。何らかの形で復活することはありませんでしょうか。
No title
大変ありがとうございます。問題の形式が変わったとはいえ、基本は変わらないと思うので、しっかり復習していこうと思います。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。