第217回TOEIC感想(2017年1月28日)



本日のTOEIC公開テストを受験された皆様、お疲れ様でした。

いつものように、難易度や気付いたことなどをシェアしたいと思います。





SP=Short Passage、DP=Double Passage、TP=Tripple Passage






各パートの詳細な感想は以下の通りです。


Part 1 普通

特に難しい問題もなく、使われている表現も定番なものばかりでした。

あえて挙げるとしたら、restという動詞が以下の意味で使われていました。

support part of your body by putting it on or against something

英英辞典を引くと、このような例文が載っていました。

Rest your head on my shoulder.
Brassard rested his elbows on the table and leaned forward.


1つ目の例文、なんかロマンチックですね。
こんな感じでしょうか。

rest your head
Rest your head on my shoulder.


TOEICもたまにはこういう系の写真も採用してくれたら、面白いんですけどねw


まぁ、こういうロマンチックな写真やセクシーな写真は絶対に出ないですけど、
それと関連して、Part1ではほぼ正解にならない動詞表現がありますね。

She is putting on a skirt.


putting onは基本、引っかけです。

wearing「着ている」ならOKなのですが、
putting onにしちゃうと、「身に付けている最中」=「着替え中」になるので、
かなり際どい写真になってしまいます。

あ、でも、glasses「メガネ」やshoes、jacketとかなら大丈夫そうですね。


rest your head
Rest your head on my shoulder. 


どうでもいいんですけど、
この絵を見ると、WhamのLast Christmasの歌詞を思い出します。

Me? I guess I was a shoulder to cry on. ♬♬♬ (動画の2:55~)




って、なんか気付いたら、
TOEICと全然関係ない方向に話が逸れてしまったので、本題に戻します。
(↑普段の授業でも、このような脱線ばかり。。。)


今回のパート1問題には、澤トレにも載っている、ベタなパート1表現がたくさん出ていました。

澤トレp.42の「植物に水をやる」water plants、
p.59のThe men are kneeling on the ground.
p.63のA man and a woman are seated across from each other.
p.75のA chair is facing away from the window.
などです。




一応、パート1の専門家として、
今回も出題パターンに関してマニアックな分析をしてみました。


4つの選択肢とも主語が同じ人(例えば、She、He、A womanのみ)で、
人物の動作を現在進行形で描写している単純な「人物写真問題」が、
今回は6問中、4問でした。

そういう意味では、「普通」というより、むしろ「簡単」だったかもしれません。

残りの2問は、モノが主語で、風景(屋外・屋内)を描写している「風景写真問題」でした。

今回は人物とモノの描写が混ざった「ミックス写真問題」が1問もなかったので、
パート1マニアとしては、ちょっと物足りなかったです。


ブログ記事を書き始めたのはいいのですが、
実は風邪気味でして、だんだん具合が悪くなってきたので、
今日はこの辺にしておきます。(Part1だけで!?)


最後までお読みいただき、ありがとうございました m(_ _)m


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック