attend=join 「参加する」ではないの?


ちょっと前のTOEICクラスで解説したパート5問題の文中で、このようにattendが出てきました。
(けっこう最近の公式問題集なので、ネタバレになってしまわないように、英文を大幅に変更して掲載)

All employees are required to attend a training session on new equipment in the coming weeks.
「すべての従業員は義務付けられています/新しい設備についての研修会に参加することが/今後数週間のうちに」

attendの同義語として、
participate in、take part in、それから、ついでにかなりマニアックなpartake inを挙げた後に
こんなことを言いました。


「joinは?」って思う人もいるかもしれませんが、
実はこのような文脈でjoinを使うことはほとんどありません。



「え、そうなんですか? なんでjoinはダメなんですか?」と、ある生徒さんが言いました。

「何でなんでしょうねぇ? 何でかわからないですが、TOEICの文中でも遭遇した記憶がないんですよねぇ」と僕。
(↑おいおい、説明になってないぞ!)

「あ、でもjoin a meetingとか言うか?」と、自己矛盾している僕。

「すいません、ちょっと宿題にさせてください。アロンに訊いておきますので」

アロンというのは、澤田塾唯一のネイティブ講師のことです。
といっても、実際に授業で教えているわけではなくて、
遠隔で、英文の添削指導や澤田塾で使用する音声の吹き込みなどを担当してもらっています。
(ちなみに、静岡県在住←どうでもいい)
(元バスケ友達←さらにどうでもいい)


ちなみに、ツイッターで以下のアンケートを取ったところ、予想通り、
多くの人がattendとjoinの言い換えが成立すると思っていることが判明しました。



以下、アロンとのFacebookメッセージのやり取り (in English) を転載します。

結論から言うと、やはりこの文脈では、joinは使いません。
理由が気になる方は、以下の英語のメッセージをお読みください。


僕:
I have a question for you.
All employees are required to [    ] a training session on new equipment in the coming weeks.

What verbs would you fill in the blank, other than "attend"?


アロン: take part in, participate in

僕:
I see. Actually, the real purpose of this question was to find out whether you would say "join," which I don't really like for some reason.
Many students would assume 参加する= join.


アロン: Yeah, “join” doesn't really work.

僕:
Great! That's what I wanted to hear.
For me, “join” means more like "become a member of," as in "join a company, team, committee, etc.”


アロン:
I would only use "join" to say something like "join another company's training session."
Like, it's unusual / uncommon that this person / group is also participating.


僕:
I see. But how about "join a meeting"?
Somehow it sounds okay, no?


アロン: It's okay, but only for special or unusual circumstances.

僕: So, it should be "attend a meeting" in most cases.

アロン: Yes

僕: One such special situation is when an outsider "sits in on" a meeting?

sit in onは、「(オブザーバーとして)参加する」という意味で、公式問題集 Vol.4 Test 2 80-82のトークで、Ms. Lee will be sitting in on our staff meeting today… という形で使われていました。
(Leeさんは本社から来ていて、この会議には特別参加しています)


アロン:
Yeah, exactly!
A boss could say, "I want you to join the security meeting today so you can get a taste of what kind of work they do."


僕: Thanks a lot! Everything is clear now.


このやり取りでわかったことは、
組織の一員として普段から参加している定例会議にjoinするのは変
だということです。


外部の人が、通常は参加しない会議に特別に参加するような場合であれば、joinが使えるということです。
その場合には、sit in onという句動詞も使えます。

ちなみに、ロングマン現代英語辞典でのsit in onの定義は、
to be present at a meeting but not take an active part in itとなっています。


英語って、奥が深いですねぇ。
(え、そんな終わり方?w)

スポンサーサイト

コメント

No title
本当に奥が深いですね。
meeting に join を使うのはあまり一般的ではないような気がしたものの、理由がはっきりしなかったのですが、お陰で良く分かりました。
Re: No title

そうですね。
記事にも追記しましたが、ツイッターのアンケートでは、joinが自然ではないことを認識していない人が多かったので、
共通してよく分かっていない部分だと思います。(←自分もいまいち分かってなかったですが。。。)


> 本当に奥が深いですね。
> meeting に join を使うのはあまり一般的ではないような気がしたものの、理由がはっきりしなかったのですが、お陰で良く分かりました。

管理者のみに表示

トラックバック