英語の意味は先に日本語で知ってから

私たち日本人が英語を勉強する時に、よく英文の意味を日本語で確認するという作業をしますが、英語を効率的に学ぼうと思ったら、この作業は順番を逆にした方がいいです。

英文を読んだ後に、日本語訳をチェックするのではなく、先に日本語訳で意味を把握した上で英文を読むわけです。

「そんなのズルだ!」と思うかもしれませんが、それでいいんです。

先に日本語で読んで意味がわかっていれば、英文を読む心理的な負担が減るので、初心者でも無理なく読む英文の量を増やすことができます。

逆に、まだ英語がよくわからない段階で、いきなり英文を読んだら、どうなるでしょうか?

最初から知らない単語や表現に遭遇し、意味がわからず、思考が停止してしまうかもしれません。
そこで意味を一所懸命に考え、かなりゆっくり読んだにもかかわらず、結局はあまりよくわからないかもしれません。

初級者の段階で読めない英文と格闘してばかりいると、「英語とは、よくわからない、難しいもの」という気持ちが強くなり、だんだん嫌になって、ついには勉強を断念というパターンに陥りやすくなります。

そこで、先に日本語訳を見てから、英文を読むという方法を実践するのに最適な教材が、日本のマンガのバイリンガル版です。

特に「ドラえもん」のバイリンガル版が、世代に関係なくお勧めです。

大人が読んでも、面白いし、ふつうに勉強になります。
映画やドラマの英語だと難しいけど、自然な日常表現を楽しく学びたい方にはもっていこいです。



マンガのバイリンガル版は、原文の日本語と英語が両方書かれているので、先にセリフを日本語で読んでおけば、完璧に理解できるので、英文を読む負担がぐっと減ります。

さらに、「この日本語は、英語ではこのように表現するのか?」と感心しながら読むことで、英語の表現力アップにもつながります。

例えば、スネオの部屋に貼ってあるたくさんのポスターを見てみんなが感心している場面では、

「ひゃー、たくさんのポスター」 Wow, lots of posters.
「こんなによくあつめたね」 I'm impressed you collected so many.

となっていますが、2つ目のセリフは自然な英語になるようにうまく意訳されていて、それが逆にすごく英語の勉強になります。

上記の青の本とこちらの黄色の本の2冊はオーディオ版というもので、iTunesから音声をダウンロードできるので、読んだ後に耳で聞いて、リスニングの練習をすることもできます。



また、かなり昔に翻訳されたと思われる白い本(計10巻)よりも、これらの2冊のオーディオ版の方が断然翻訳の質が高く、日英翻訳者(日本語を英訳する)でもある僕の目から見ても、信頼性の高い英語教材となっています。

特に英語が苦手で、英文を読むのに抵抗がある方は、まずこの「日本語で先に意味を理解する」という方法から始めるとよいのではないでしょうか。



この記事がちょっとでも役に立ったと思った方は、
クリック(↓)をお願いします。


英語 ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック