なぜTOEICの勉強をするのか?

今日はTOEICという試験をどのように捉えるべきかについてのお話です。

みなさんがTOEICを受験する目的、あるいはそのための勉強をする目的は何でしょうか?

就職や昇進、受験のために必要だからという人も多いでしょうし、英語の勉強をする上で実力の伸びを見る物差しとして利用している人もいると思います。

このように、TOEICは英語力を証明する指標として、確固たる地位を確立しています。

したがって、一般的には「TOEICでスコアが取れる=英語力がある」と言うことが出来ますが、必ずしもそうではないという状況があるようです。

中でもよく言われているのが、「TOEICで900点取っても、英語が使えない人が多い」という現実です。

そのため、「TOEICはいんちきだ」とか、「TOEICでスコアを取っても意味がない」と、試験そのものを批判する人が出てきたりします。

しかし、僕はこのような考え方は短絡的だと思うのです。

TOEICという試験がダメなのではなく、英語を使えるようになることを目指さずにスコアだけ上げてしまう受験者があまりにも多い状況が問題なのではないでしょうか。

また、我々日本人が学校で植え付けられてきた、テストの点数にしか目がいかない態度、すなわちスコア偏重主義に問題の根本的な原因があるのではないかと思うのです。

小学校から高校まで、大半の人は常に定期テストや模試での点数によって出来不出来を判断されます。そして、入試でも点数によって合否が決まります。

その結果、我々は点数として目に見える部分にとても敏感です。
言い換えれば、点数によって一喜一憂する国民なのです。

この態度は当然TOEIC受験者にも波及していきます。

もちろんスコアが上がれば、誰だって嬉しいものです。

しかし、スコアアップだけが英語を勉強する理由になってしまっている人があまりにも多いのではないでしょうか。

本来なら、前提として「英語力を上げる」という大義があり、「TOEICで点数を取る」というのはあくまでその結果としてついてくるものであるはずです。

この一見あたり前のことを取り違えると、「英語の勉強=問題を解く」ということになってしまいます。

「別に悪いことではないんじゃないですか?」と反論したくなる人もいるかもしれません。

「TOEICでスコアを取るには、公式問題集やその他の参考書で問題演習をしさえすればよい」と。

英語の勉強をしている大学生や社会人の方の多くがこのような考え方をしている日本では、帰国子女や留学経験のある一部の人を除いて、英語が使える人材が育ちにくい土壌ができてしまっています。

「問題集を解くことが悪い」と言っているわけではありません。

ただ、それだけで終わってしまう人、それ以外の勉強があることにも気付いていない人があまりにも多いことは危惧すべき状況です。

日本の英語教育がうまくいっていない最大の理由は、「点数が上がる」=「英語力が上がる」という考え方が人々の中に根付いていて、その順番を取り違えているところにあるように思うのです。

「英語力を上げる」ことによって、「点数を上げる」ことはできますが、必ずしも「点数を上げる」ことによって、「英語力が上がる」わけではありません。

澤田塾では、「英語力を上げる」「英語を習得する」ことを目指した指導を通じて、受講生のTOEICスコアも大幅に上げていきます。

目標スコアを達成した受講生の多くが、「もっと英語を使えるようになりたいから」と、その後も通い続けてくれているのも、「スコアアップ」するだけでなく、「英語力を上げる」授業を提供しているからだと思っています。

「TOEIC指導を通じて、英語を使える人材を養成する」

それが澤田塾を立ち上げた理由の一つですし、英語教育者として果たすべき社会貢献だと考えています。

英語学習者としても、「TOEICの勉強を通じて、英語を使えるようになる」ことを目指すべきではないでしょうか。

そのような一見遠回りに思えるアプローチ(=英語が使えることを目指すこと)が、実は目標達成(=大幅なスコアアップ)への一番の近道だったりすると僕は思うのです。


この記事の内容に賛同いただけましたら、
クリック(↓)をお願いします。

TOEIC ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

TOEICPart6の重要性
 はじめまして。
 「TOEICという試験がダメなのではなく、英語を使えるようになることを目指さずにスコアだけ上げてしまう受験者があまりにも多い状況が問題なのではないでしょうか。」とのご指摘全く同感です。
 ちなみに私はTOEICリーディングで一番バランスの取れた良問はPart6における文脈依存型の問題だと思っています。Part6ができればPart5は楽勝、文脈が理解できればPart7でもそこそこの点は取れ、実用的読解力も養成できます。
 しかしPart6の分量は少ないため、Part6に特化した本は見たことがありません。そこで著作権を放棄したVOAからTOEICPart6スタイルの問題を自作してブログに公開しています。
 はなはだ僭越ながら貴塾でご試用頂ければ幸いです。
Re: TOEICPart6の重要性
鈴木様

はじめまして。
コメントありがとうございます。

確かにPart6は後回しにされがちですが、英文の量も程よく、Part6と違ってちゃんと文脈があるので、学習素材としても価値があると思っています。

接続表現(However, Meanwhile, Moreover, etc)などが問われたりするので、センテンスのつなぎ方も学べるので、書写したりすれば、英文ライティングの良い訓練にもなりそうです。

VOAの問題、素晴らしいですね。
ぜひ生徒たちに紹介したり、配布したりしたいと思います。
ありがとうございます。

>  はじめまして。
>  「TOEICという試験がダメなのではなく、英語を使えるようになることを目指さずにスコアだけ上げてしまう受験者があまりにも多い状況が問題なのではないでしょうか。」とのご指摘全く同感です。
>  ちなみに私はTOEICリーディングで一番バランスの取れた良問はPart6における文脈依存型の問題だと思っています。Part6ができればPart5は楽勝、文脈が理解できればPart7でもそこそこの点は取れ、実用的読解力も養成できます。
>  しかしPart6の分量は少ないため、Part6に特化した本は見たことがありません。そこで著作権を放棄したVOAからTOEICPart6スタイルの問題を自作してブログに公開しています。
>  はなはだ僭越ながら貴塾でご試用頂ければ幸いです。

管理者のみに表示

トラックバック