何問ミスで何点出るのか?(3)TOEIC885点

10月の試験結果が返ってきましたので、ご報告します。

今回はリスニングセクションで合計5問間違えてみることにしました。
内訳は以下の通りです。

パート1 10/10(0問ミス)
パート2 28/30(2問ミス)
パート3 29/30(1問ミス)
パート4 28/30(2問ミス)

合計 95/100(5問ミス)で、475点でした。

前回は7問ミスで475点だったので、今回は点数が出にくい(周りの受験者のレベルが高い、問題が簡単、あるいはその両方の)回だったのかもしれません。


リーディングでは、10問落としてみました。

パート5 36/40(4問ミス)
パート6 12/12(0問ミス)
パート7 42/48(6問ミス)

合計 90/100(10問ミス)で、410点でした。(トータル885点

前回15問間違えたときには、405点でしたが、今回は5問も多く正解したのにもかかわらず、5点しかアップしなかったのには驚きでした。

今回はやはり点数が出にくい回だったのでしょうか。

いずれにしても、リーディングで高得点を取るためには、ほとんど落とせないみたいですね。
おそらく90問正解からの1問1問の重みが大きいのだろうと思います。

僕が指導している生徒さんたちは、リーディングでは90問くらい正解するのが限度なので、次回(11/18)のTOEICでは、8問ミスで何点になるのか見てみたいと思います。

リスニングでは、3問ミスで満点が出るのか、それとも485とか490くらいになるのか見てみます。


この記事がちょっとでも役に立ったと思った方は、
クリック(↓)をお願いします。


にほんブログ村


TOEIC ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック