TOEICに役立つ多読書籍(1)

たまにはTOEICなどの試験問題の英文だけでなく、興味深いお話を英語で読みたいものですよね。

今日は、そんなあなたにとっておきの一冊をご紹介します。

ラダーシリーズという易しい英語多読用書籍のシリーズの中から、ザッカーバーグ・ストーリー (ラダーシリーズ)
をピックアップしました。



特にFacebookを使っている方は、その創設者であるMark Zuckerbergと、この世界最大のSNSの歴史について、少なからず興味があるのではないでしょうか。

このラダーシリーズは、英検準2~2級レベルの易しめの英語で書かれているので、辞書を引かなくてもスラスラ読めますし、総語数も10,000語と少ないので、短時間で読破できるところが良いです。

実際、100 wpmで読んでも2時間以内、150 wpmなら1時間ちょっとで読めてしまいます。
通勤・通学中に20~30分ずつ読めば、3日くらいで終わりますね。

澤田塾では、楽しみながらたくさん英語に触れてもらうために、このような易しめの多読教材を生徒さんに貸し出しているのですが、その中でもこの本は特に好評です。

僕自身、Facebookは2012年の3月に使い始めたばかりで、Mark ZukerbergのこともFacebookのこともあまりよく知らなかったのですが、この1冊を読んだだけで、この若き企業家の人生やこの会社の歴史や理念が、ざっくりと理解でき、非常に勉強になりました。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック