スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パート7攻略法(5)

ダブル、シングル問わず、設問の答え合わせが終わったら、本文の内容理解を徹底的に行うようにしてください。

これが復習プロセスの第1段階である「精読」です。

どの問題を間違ったのか、という正答率にばかり目が行きがちですが、一番大切なことは本文が読めていたのかどうかです。

レッスン中に正答率が低かった生徒に、「何パーセントくらい本文を理解していましたか?」と聞くと、「30~40パーセントくらいです」という答えがよく返ってきます。

このようなタイプの生徒は、本文を理解する力、つまり読解力を鍛えずして、得点力だけ上げようとしても空回りする可能性が高いです。

読解力が低いと、本文だけでなく、設問や選択肢の理解にも影響しますので、正答率が上がらないのも不思議ではありません。

逆に、正答率が高い人ほど、本文の理解度も高い傾向にあります。「英文が読める=問題が解ける」という図式が成り立つわけです。

「私は英文の意味を完璧に理解しているのですが、なぜか誤答を選んでしまうんです」という人もいるかもしれませんが、実際には「わかっているつもり」で、本文や設問の英文を正しく読めていないことが原因である場合がほとんどです。

前置きが長くなりましたが、復習の「精読」では、本文中で意味のわからない箇所を徹底的に潰していきます。

ここからが「英語力を付ける」ための大切なプロセスです。

まずは、Words&Phrasesをチェックするところから始めます。

ダブルパッセージの場合は、1つ目と2つ目のパッセージに出てくる語彙や表現が上段と下段で別々に掲載されているので、まずは上段の語彙だけ見ていきます。

その際に、音読することをお勧めします。(Vol.4 Test 2 181-185)

inquiry 問い合わせ respond to ~に返事する upcoming 今後の

というように、単語の発音を意識しながら(わからなければ辞書で調べましょう)、1つ目のパッセージに出てくる語彙を音読していき、知らないものにはマーカーでハイライトしていきます。
(後で本文を音読しますので、ここで単語の意味だけでなく発音も確認しておくことが大切です)

次に、本文の意味を確認していく作業を行います。

ここで、次の方法を実践することができない一般の方々には恐縮ですが、澤田塾で行っている意味の確認方法を紹介させていただきます。

このようなスラッシュ訳のプリントを使用して、英語の語順で頭から意味を確認していきます。

スラッシュ訳
I'm responding to your e-mail inquiry
Eメールでのお問い合わせに対して回答させていただきます

about renting an apartment
部屋を借りることについての

for your upcoming vacation
今度の休暇のために

というように、英語の意味のかたまり(スラッシュ)ごとに、英語→和訳の順番で音読してもらいます。

後ろから翻って訳した和訳ではなく、英語の語順で頭から訳出したスラッシュ訳プリントを使うのは、「英語を左から右に読む」能力を身に付けるためです。

返り読みをしているようでは、TOEICのリーディングセクションを解き切るために必要とされるスピード(120~150 wpm)で、英文を読むことはできません。

さらに英文を頭から直読直解できるようになると、リスニング(特にパート4)も楽になります。

これは全ての英語学習者にとって不可欠なスキルだと言っても過言ではありません。

このスキルを身に付ける手段として、澤田塾では、オリジナルスラッシュ訳プリントを使用しています。そして、次回のレッスンでは、このスラッシュ訳を自分でも言えるようにしてきてもらいます。これを繰り返すうちに、頭から英文を理解できるようになっていきます。

澤田塾で使用しているような公式問題集のスラッシュ訳がない場合は、どのように意味の確認をしていけばよいでしょうか?

僕がおススメしているのは、和訳→英文の順番で読んでいくことです。

スラッシュ訳の場合は、語順が英語通りなので、英文→和訳の順番で良いのですが、スラッシュ訳でないものを、従来のやり方(英文→和訳)で読んでしまうと、返り読みを助長してしまう危険性があります。

リスニングセクションのパート3&4の意味の確認でも紹介しましたが、最初に日本語を読んで意味を理解していると、英文を読む負担が減るだけでなく、より頭の中に英語が残りやすくなります。つまり、英語表現を吸収しやすくなるわけです。

具体的な方法としては、和訳の「。」が出てきたところまで読み、その箇所の英文を読む、ということを繰り返します。

今度の休暇用に部屋を借用される件でEメールにてお問い合わせいただきましたので、ご回答いたします。
I'm responding to your e-mail inquiry about renting an apartment for your upcoming vacation.

1回目は一通り黙読でこの作業を行い、2回目は音読で同じことをする、というように、2段階でやるのがおススメです。

和訳の「。」と英文のピリオドが必ずしも一致していないことがあるので、そういう場合には、和訳は2センテンス分読み、英文は1センテンスというように、柔軟に対応してください。

この意味の確認作業が終わったら、最後に時間を計りながら音読してみましょう。
(本文の語数は、こちらの記事を参照→パート7攻略法(2)

パート7の英文の音読では、150 wpm (words per minute=1分間あたりの語数)を目標にしてください。
(計算式は、語数÷秒数×60= ??? wpm)

例えば、Vol.4 Test 2 181-185の1つ目の英文の語数は206 wordsなので、これを1分35秒(=95秒)で音読したとすると、

206÷95×60=130 wpmとなります。

目標値の150 wpmまで、あと20 wpmということになります。

150 wpmというのは、初見の英文を読む際の目標値と同じですが、それは何を意味しているのでしょうか?

意味のわかった英文をこの速度で音読できるようになることによって、初めて読む英文も同じくらいの速度で黙読できるようになっていきます。

日本語の場合を考えてみてもらえればわかりやすいと思いますが、普通は黙読の方が音読よりも速く行うことができます。

しかし、英文を黙読する際には、返り読みをしてしまう余地も生まれやすいので、それを音読によって矯正し、英語を直読直解する思考回路を構築するようにします。さらに、速く音読できるようにすることで、英語を高速処理する能力(リスニングでも必要)も同時に鍛えることができます。

①英文の意味をしっかり理解するための「精読」
           ↓
②英文を直読直解し、高速処理できるようになるための「音読」

ぜひこの2ステップを意識して、パート7の復習に取り組んでください。

参考にしていただけましたら、応援よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 

TOEIC ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

音読
記事を読ませていただきました。
音読についてです。毎日パート7とパート3.4の問題を1問ずつ解いて音読をしているのですが音読でかなり時間がかかってしまい、毎日2問しか解いていません。
問題を一気にたくさん解く体力をつけるためにも、多くの問題を解くことも必要なのかと思っているのですが、どのようにお考えでしょうか?
Re: 音読
Mr.Childさん、

特に試験直前には、問題をたくさん解く訓練をすることも大事だと思いますが、普段の学習では少ない数の課題を徹底的に仕上げる(シャドーイング、音読、暗唱を数十回ずつやる)ことに集中した方が良いかと思います。

最初に模試のような形でパート3とパート4を全部解いてみた上で、もう1度、2題ずつ解き直して、しっかり練習するという方法でもいいですね。

パート7は、後で音読などをすることを考えると、1回1題ずつ解くペースがちょうどいいと思います。
さらに、英文を読む体力を付けるために、普段からTOEICのパート7で読まされる英文の総語数(3,000語程度)と同じくらいの量の英文を読めれば理想的です。

つまり、日々の学習の中で多読を実践するということです。
これによって大量の英文を読む体力が付きます。

> 記事を読ませていただきました。
> 音読についてです。毎日パート7とパート3.4の問題を1問ずつ解いて音読をしているのですが音読でかなり時間がかかってしまい、毎日2問しか解いていません。
> 問題を一気にたくさん解く体力をつけるためにも、多くの問題を解くことも必要なのかと思っているのですが、どのようにお考えでしょうか?
単語力向上についてのご質問です
いつも先生の記事を読み、900点奪取を目指して、日々英語学習に取り組んでおります。
現在ダブルパッセージで高得点を取るべく、読解力アップに集中して取り組んでいるのですが、文章の意味は大体分かっているけれど、単語の意味が分からないために、不正解の選択肢を選んでしまうことがよくあります。
効率的な英単語の覚え方をご教示頂けますと幸いです。
宜しくお願い致します。
Re: 単語力向上についてのご質問です
こんにちは。

ご質問に対する返信が遅くなり申し訳ございません。
最近は記事の更新自体の頻度も減っていたのですが、また本格的にブログの執筆を再開しようと思っております。

単語の効率的な覚え方ということですが、「単語集を使う方法」と「文章中で覚える方法」をうまく組み合わせてみてください。

単語集としては、やはり「金のフレーズ」がオススメです。
日→英で覚えることで、記憶に定着しやすくなります。

文章中で覚える場合には、解いたパート7の英文を復習する方法をうまく工夫することが大切です。

それぞれ下記の記事を参考にしてみてください。

「TOEIC語彙力アップ法」
http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-entry-51.html

「パート7攻略法(5)」
http://wholenewideas.blog118.fc2.com/blog-entry-97.html


> いつも先生の記事を読み、900点奪取を目指して、日々英語学習に取り組んでおります。
> 現在ダブルパッセージで高得点を取るべく、読解力アップに集中して取り組んでいるのですが、文章の意味は大体分かっているけれど、単語の意味が分からないために、不正解の選択肢を選んでしまうことがよくあります。
> 効率的な英単語の覚え方をご教示頂けますと幸いです。
> 宜しくお願い致します。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。